main_blog main_blog

オアシス浦和24Plusブログ

浦和24Plusスタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

世界で最も〇〇なストレッチ

着込む冬、体重計に乗って「あぁ、まずい…」と思っている方は、多いのではないでしょうか?
これから、どんどん寒くなって、運動をするのもなかなか気が進まなくなってしまいますね。

そんな外に出るのも嫌になる季節になりますが実は、運動をあまりしていない人だと、加齢に伴い、筋肉は年間で約0.5〜1%、人によっては2%も衰えてしまうと言われています。
それは困りますね。
普段、ジムでお客様と話をしていると、「トレーニング頑張ってる!」という話をよく聞きます。
実際に皆さんマシンを使ったり、レッスンに出られたりととても頑張っていて、自分も頑張らなければと刺激を受けます。
しかし、「その分、ご自身の身体をケアしていますか?ストレッチは?」と聞くと、「いや、特には…」という方がほとんどです。
身体を動かしたら、それと同じくらい、もしくはそれ以上にケアをしてあげないと、筋肉の弾力性は失われ、怪我や腰痛など痛みの原因となってしまいます。

とは言うものの、じゃあどうすればいいの?と思った方、安心してください。
皆さんは『World Greatest Stretch(世界で最も偉大なストレッチ)』というのをご存知でしょうか?
このように言われるだけあって、様々な筋肉を刺激できる万能なストレッチがありますので、今回はそれをご紹介致します!


1、まず、足を前後に開きます。
前足の膝は90度に曲げ、後足の膝はやや後方につきます。
前足の真横に手をつき(写真では右手)、反対の肘が前足の膝あたりにくるように構えます。
そこから、5〜10回ほど、すねを沿うようにして、肘を上下に動かします。
股関節周囲の筋肉をほぐしていきましょう!

画像(1)画像1



2、基本姿勢はそのままで、今度はすねに当てていた手を天井に向けるようにして、腰を回転させていきます。
腰痛の予防やあらゆるスポーツにおいて重要になる、胸椎の可動性を引き出していきます。
これもやはり、5〜10回を目安に行います。

画像(2)画像2


3、手を横につき、かかとを支点にしながら、前膝を伸ばしていきます。
ハムストリングス(モモの裏側の筋肉)を伸ばしていきます。
15〜30秒ほどを目安に伸ばすといいです。
(私、ここがものすごく固いので、フォームがあまり美しくありません!笑)

画像(3)画像3



4、最後に、両方の膝が90度になるように曲げていきましょう。
これはストレッチというより、いわゆるランジという、モモやヒップの筋肉を鍛えるトレーニングですね。
手の位置は、写真の通りでも良いですし、バランスが取りにくい方は腰に手を当てて行っても大丈夫です。
これも15〜30秒ほどを目安に、キープしましょう。

画像(4)画像4


1〜4の手順を何度か繰り返し行います。
左右入れ替えながら、3〜5回前後を目安に行ってみましょう。

いかがだったでしょうか?「よくわからなかった」という方は、いつでも杉山またはスタッフに聞いてください。

最後に、このストレッチを行う上での注意点がいくつかあるので、チェックしておきましょう。
1、痛いところがある、違和感がある場合は、決して無理をしない。
2、呼吸を止めない。血圧上昇につながります。
3、どこの運動かを意識する。なんとなくやらない。

スペースや特別な器具は必要ないので、ご自宅でもできるかと思います。
ぜひ、試してみてくださいね!


(杉山)

画像(1):画像1
画像(2):画像2
画像(3):画像3
画像(4):画像4
※画像撮影者/加藤
世界で最も〇〇なストレッチ 世界で最も〇〇なストレッチ 世界で最も〇〇なストレッチ 世界で最も〇〇なストレッチ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。