main_blog main_blog

オアシス広島店ブログ

広島店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

ウォーキングとランニングについて

こんにちは。フィットネススタッフの仲本です。
今回は「ウォーキングとランニング」についてお話します。
どちらも有酸素運動で脂肪燃焼に効果がありますが、「運動強度」が決定的に違います。
実際にやってみるとランニングの方が心拍数も上がって、身体もしんどくなりますね。
これはそれだけ筋肉を高負荷で使っているということで、当然エネルギーもたくさん消費することとなります。
また、「ランニングすると脚が太くなるのでは?」と心配する方もいると思いますが、実際にはそんなことありません。ランニング後に「足が張る」状態を「太くなっている」と感じるかも知れませんが、それは血液が集まっている状況ですので、休めると引いてきます。
マラソン選手の足を見ると引き締まっているのが分かります。
確かにウォーキングは運動経験が無くてもすぐに始められる運動です。続けてみると効果も実感できると思いますが、効果はずっと続きませんし、時間を延ばすとなると忙しい毎日には難しいですし・・・
そこで、身体に合わせて「運動強度」を上げていくことがお勧めなのです。
ウォーキングから早歩き、ゆっくりジョギング、ランニングと徐々に強度上げていけば、運動時間が短くなっても運動効果は継続的に期待でき、時間も効率的に使えます
どちらが良いというのはありませんが、「運動強度」や「時間効率」も意識すると良いかも知れませんね。

画像(1)ウォーキングでもランニングでも



(仲本)

画像(1):ウォーキングでもランニングでも
※画像撮影者/仲本
ウォーキングとランニングについて
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。