main_blog main_blog

オアシス江坂店ブログ

江坂店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

自転車用のシューズ

先日、買い物をしました。
何を買ったかというと・・・シューズです。
これは自転車用のシューズで専用のペダルに固定して使うものです。
シューズの裏面にクリートと呼ばれる器具がついており、それをペダルにカチッと嵌めこんで使います。イメージとしてはスキーのビンディングにブーツをカチッと嵌め込む要領です。
こういったペダルも同じく“ビンディングペダル”といいます。
そのペダルにシューズが固定されてることにどのような利点があるかというと・・・
皆さんの自転車を漕ぐイメージというのは

”ペダルを踏む!!”

というものだと思います。右脚でペダルを半回転(12時の位置から6時の位置まで)踏むのにグィッと仮に10の力が必要とします。踏む動作は主に太もも全面とお尻の筋肉を使います。連続して踏むと右前面10、左前面10、右前面10、左前面10・・・・と力が必要になります。ところが、シューズとペダルが一体化されていると右脚でグィッと踏むとき、同時に左脚でペダルを引き上げる(この動作には太もも裏の筋肉ともも挙げの筋肉が使われます)ことができるので右前面5左背面5(合わせて10の力)の力の掛け具合になり、筋肉にかかる負担が減ることになります。これにより、ペダルとシューズが一体化してる方が一体化してない時より特定の筋肉が疲労することなく漕ぎ続けることができます。

これから外で走るのに気持ちのよい時期です。健康の為にロードバイクを始めようという方はビンディングペダルへのチャレンジもオススメします。

但し、ペダルからシューズがうまく外れないと“立ちゴケ”してしまいますので、最初は広い所で練習してからにしましょう!


(秋山)

画像(1):おNEWなシューズ
画像(2):ペダル
※画像撮影者/秋山
自転車用のシューズ 自転車用のシューズ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。