main_blog main_blog

オアシス江坂店ブログ

江坂店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

「毎日の記録」の大切さ

皆さん、「毎日の記録」つけていますか?
日記や、家計簿、最近では毎日食べたものを記録するレコーディングダイエットという言葉も良く聞くと思います。

私も、学生の時には部活の日誌や、通っていたトレーニングジムでも毎回のトレーニングの内容を記録していました。毎回つけていたので、量も大量のものになり、今でも見直すとその時の思い出がよみがえってきます。私の宝物の一つです。

部活の日誌に関しては、その時の練習内容、タイムの記録、反省だけでなく、朝昼晩の食事内容、間食、便通など身体の管理、また練習意欲、達成度などメンタル的なことなども事細かく書いていました。
調子が良かったときの自分のコンディションなどを記録していることで、後々見直し参考に出来ますよね。
ちなみに、太ったときは、やっぱりかなり間食が多かったです。部活終わった後にお菓子を毎回食べていました。チョコレートと菓子パンが多かったので、それを我慢したら3キロ体重が落ちました。
そういう風に、書くことで「気づく」事ができます。私だけでなく、指導する側・監督やジムのトレーナーとの情報の共有のためにも記録をすることはとても大切です。

オアシス江坂店でも、ファーストフィットネスサポート「スターティングプログラム」でトレーニングのメニュー表をお渡ししています。ぜひ、そのメニュー表を活用し日々のトレーニングの記録をしてみてください。メニュー表の項目には、体重・体脂肪や血圧の記入欄もあるのでご自分の身体の状態を管理するのにも最適です。


(吉田)

画像(1):スターティングプログラムでお渡ししているメニュー表です
※画像撮影者/吉田
「毎日の記録」の大切さ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。