main_blog main_blog

オアシス雪谷24Plusブログ

雪谷スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

食べなきゃ痩せない!

基礎代謝は筋量を上げることで増やすことが出来ます。しかしこの代謝をうまく利用するには内臓の機能を高めることが重要だという事をご存知ですか?私はオアシスのオリジナルプログラムシェイプナビのトレーナーをしています。そこで改めてお食事を摂る事の大切さを知りました。

私のお客様でダイエットの結果をたくさん出そうとお食事を過度に減らされた方がいます。炭水化物を摂らず、ヨーグルトやカップスープなどを主食にされ一緒に決めた摂取カロリーよりもかなりカロリーを抑えて生活をされました。しかし体重が増え、筋肉量は落ち、脂肪は増えているという結果となりました。カロリー計算上痩せるはずなのに、なぜ太ってしまったのでしょうか?

調べてみると、基礎代謝は内臓の働きによって行われる活動だという事が分かりました。内臓機能が正常に動くために身体に必要な栄養が足りていないと、身体は生命維持の為、脂質を貯め込もうとします。内臓がうまく働かない為身体は冷え「燃えない」身体になり「痩せない」という事です。ダイエットの為にカロリーを減らしても、基礎代謝がうまく行われない為、痩せない。「食べない」を選択するのは身体にとっていいサイクルをうまないことが分かりました。ダイエットしたい!という方は内臓の働きを促す為、以下のお食事のポイントを守ってください。

・3食きちんと食べる。
・炭水化物を1日2食摂る
・毎食タンパク質を摂る。(肉や魚など)
・新鮮な野菜や海藻、きのこを摂る
・アルコールやジュース、お菓子を摂りすぎない。

お食事の改善としてこちらを守って生活してもらったところ、お客様の摂取カロリーは増えたのにもかかわらず、次の週には筋量が上がり、脂肪も体重も減るという結果がでました。お客様自体の体調もよくなりダイエットは成功しました。(その方は筋トレも週1で行っていたため筋肉量も上がりました。)

炭水化物や糖質を制限するダイエットが流行っていますが、運動を行っていらっしゃる方には糖質は必要不可欠です。糖質がお食事で足りていないとエネルギーとして筋肉が使われてしまい、せっかく筋トレしても筋量が減ってしまう可能性があります。必要以上に摂れとは言いませんが、朝ご飯に炭水化物を摂ることで内臓の機能を高め、基礎代謝を利用しダイエットする方法のほうが安全で健康的にダイエットができます。

身体は食べたもので作られます。栄養価の高い高タンパクのお食事で内側から綺麗な身体を作りましょう!


(藤田)
2015年10月02日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。