main_blog main_blog

多摩川店キッズブログ

キッズスクール現場の声をお届けします!

キッズスイミングのコーチに質問!〜高木コーチ編〜

今日ご紹介するのは高木コーチです。
フロントを通る時はいつもさわやかな笑顔で挨拶してくれます。
今日はそんな高木コーチにレッスンについて質問をしてみましたのでここで皆様にもご紹介いたします。

Q:私のレッスンはここが特徴!というポイントはありますか?
A:小さなお子さんたちのレッスンでは、浮具やおもちゃなどを利用して飽きさせないようにしています。分かりやすい言葉使いも心がけています。

Q:小さなお子さんのご父兄から多い質問です。トイレが言えないのでプールに入れるのが
心配なのですが大丈夫ですか?どのように対応していますか?
A:お子さんの気配を察知するようにしています。もじもじしたり・・・。
それから時々「おしっこなぁい?」と聞いたりしています。大丈夫です!

Q:初心者からしばらくの間、家で練習出来ること、またやり方を教えて下さい。
A:お風呂でブクブクパァーをしたり、大人が手のひらをビチャビチャにしておいて
そこに顔をつけるなど 楽しみながら出来ます。
自分で顔を洗えるだけでも、シャワーを頭から浴びるのもいいです。

Q:過去のレッスンで一番印象に残っている出来事は何ですか?
A:かなり前ですが、小学生の男の子が一番下のクラスに入ってきました。潜れない、浮かない、水が恐い、と言う状態でした。その子がだんだん水が楽しくなって、クロールまで進級しました。その間も何回も「頑張れ!」と声をかけていましたが、オアシスをやめてもずっと年賀状をくれていて、有名大学に入りその後社会人となった今でも年賀状のやり取りは続いています。

Q:コーチにとって泳ぐこととは?
A:子供の頃に覚えた泳ぎですが、今でも趣味として仕事として続いています。
これからもずっと泳いでいると思います。「生涯の友」です。

Q:キッズのみなさんに一言お願いします。
A:水遊びは楽しい!潜ることが出来ればもっと楽しい!!泳ぐことが出来ればもっともっと楽しい!!!でも、お水は怖い時もあります。気を付けてね。
それから、ご父兄の方へ。あまり進級を急かさないであげてください。すぐに出来る子
なかなか出来ない子、それぞれの個性だと思って長い目でみてあげてください。進級ではない別の面で才能を発揮しているかもしれません。

高木コーチのお話でした。
いろいろ参考になるお話でしたね。これからもいろいろなコーチにお話を聞いて
また、皆様にご紹介いたします!!楽しみにしていてください。


(新井)

画像(1):プールで使う浮き具やおもちゃ
※画像撮影者/新井
キッズスイミングのコーチに質問!〜高木コーチ編〜
2009年07月15日│コーチ・スタッフ日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。