main_blog main_blog

多摩川店キッズブログ

キッズスクール現場の声をお届けします!

もうすぐひな祭りですね

2月もそろそろ終わりですね。皆さんどのようにお過ごしですか?多摩川店では今、3月の飾り付けをしています。3月といえば、ひな祭りがあります。今までは、なぜ雛人形を飾るのか特に気にもしていなかったのですが、せっかくなので雛人形についての由来を調べてみました。

平安時代には、出産の際の死亡率が高かったので、命を持っていかれないように枕元に身代わりの人形を風習があったそうです。この風習は、自分の災厄を引き受けてくれた人形を流す「流し雛」へと発展し、今も残っているそうです。

また、雛人形のひな(ひいな)とは、小さくて可愛いものという意味があり、平安時代の宮中では「紙の着せ替え人形」で遊ぶ「ひいな遊び」というものが行なわれていたそうです。昔から、女の子の間では着せ替えごっこが流行っていたんですね。室町時代になると上巳(じょうし)の節句が3月3日に定着し、紙の雛飾りから豪華な雛飾りを飾るようになり、宮中から武家の家庭、裕福な家庭や名主の家庭へと広がっていき、今のひな祭りの原型が完成しました。

この時期、女の子のお子様がいらっしゃるご家庭は一層にぎやかになりますね。昔も今も変わらず、お子様の成長への願いは大きいものです。多摩川店のスタッフも、来てくれるお子様の成長を願い雛飾りを作ってみましたので、レッスンにお越しの際は親子で楽しんでいただけたらと思います。


(瀬頭)

画像(1):昔のように紙で雛飾りを作ってみました
画像(2):どこに飾ってあるか探してみてください
画像(3):スタッフの家の雛飾りです
※画像撮影者/瀬頭
もうすぐひな祭りですね もうすぐひな祭りですね もうすぐひな祭りですね
2012年02月24日│コーチ・スタッフ日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。