main_blog main_blog

多摩川店キッズブログ

キッズスクール現場の声をお届けします!

防災訓練の必要性

先日、我が家の近くの土手で枯れ草が燃える小火がありました。私が通りかかったときにはすでに消防車のサイレンが近くまで来ていたので、ご近所の方が通報してくださったようでした。

近くに広場や公園がある土手だったため、たくさんの子供達が遠くから火の行方を見守っていて、近づいたりしないかと心配になりましたが私たち大人が注意する前に、一人先頭にたって子供達を誘導している小学生がいました。煙の向きを確認しながら、「こっちの方にいた方がいいよ。ハンカチ持ってたら口を覆って!」という具合に的確に指示をしていました。そばにいた大人が、「すごいね、偉いね」と声をかけると、学校の避難訓練で習ったからとの答え。

避難訓練は、真剣に考えて真剣に訓練を受ければとてもためになりますが、適当に聞いていればスーッと抜けてしまいます。今回の小火は誰かが怪我をしてしまうような火事ではなかったのですが身近で火事などがおきた時には普段のように冷静でいられないと思います。そういうときに落ち着いて行動出来るよう、訓練をしっかり受けておくように心がけたいと思いました。

学校だけでなく、オアシスでも年に一度は避難訓練を行なっています。「小さい兄弟と一緒の時はどうしよう」などお子様がいる環境を想定しながらの訓練が大事だと改めて感じました。


(新井)
2012年04月19日│コーチ・スタッフ日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。