main_blog main_blog

多摩川店キッズブログ

キッズスクール現場の声をお届けします!

○○対策していますか?

最近ほんとに暑くなってきましたね!先日ニュースで耳にしたのは、「今年最高気温の39℃を記録しました!」という言葉でした。今年といっても、こないだ梅雨が明け、やっと夏モードになってきたばかりだと思うのですが・・・先が思いやられますね。

さて、タイトルの○○対策ですが、皆さんは何を思い浮かべましたか?
日焼け対策、水害対策、夏バテ対策・・・夏はいろいろと対策を練らないといけないことが多くて大変ですよね。

そんな中でも、今日お伝えしたいのは「熱中症対策」です。
今年も既に、熱中症で具合が悪くなってしまったり、救急車で運ばれるといったことも起きています。特に、小さな子供や高齢者は自分で体調の変化に気付きにくかったり、我慢をしてしまう傾向が強いようです。命が危険にさらされる前に、しっかりと予防をして熱中症からお子様を守りましょう!

熱中症を防ぐ上で、一番大切なのが水分と塩分の補給です。水分補給が大事といわれていますが、大量の汗をかくと塩分も一緒に失われてしまいます。スポーツドリンクか薄い食塩水(あまり美味しくはないですが・・・)をこまめに飲むようにしましょう。スポーツドリンクは糖分が高いので、薄めて飲むといいかもしれません。

どうしても日中外に出ないといけない場合には、帽子をかぶったり、日陰にいるようにし、なるべく体温の上昇を防ぎましょう。私が先日発見したのは、日焼け止めを塗ると、塗らないときよりも太陽の熱を感じにくかったです。もちろん、少しでも具合が悪いと感じたり、だるいと思ったときは、迷うことなく涼しい場所で休憩をして下さい。

では、もし熱中症にかかってしまったら、どうしたらよいでしょうか?
熱中症は、放っておくと命に関わります。まずは涼しいところで安静にして下さい。体温があまりに高かったり、意識が朦朧としている場合は躊躇わずに救急車を呼びましょう。

応急処置としては、太い血管が通っているところを重点的に冷やします。

画像(1)赤く囲ってある部分を冷やしましょう


わきの下や太ももの付け根、首には太い血管が通っているので、効率よく身体全体を冷やすことが出来ます。(寝苦しい時などもお勧めです)

画像(2)脇はよく熱を測ったりもしますよね



画像(3)首を冷やすと、頭も冷えて気持ちいいです



あとは、気化熱を利用する方法もあります。水をかけてうちわなどで扇いで下さい。扇風機を当てるのも効果的です。

熱中症になってしまう前に、家族やお友達と協力して、暑い夏を楽しく乗り切りましょう!


(高野)

画像(1):赤く囲ってある部分を冷やしましょう
画像(2):脇はよく熱を測ったりもしますよね
画像(3):首を冷やすと、頭も冷えて気持ちいいです
※画像撮影者/高野
○○対策していますか? ○○対策していますか? ○○対策していますか?
2013年07月10日│コーチ・スタッフ日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。