main_blog main_blog

オアシス鶴ヶ丘24plusブログ

鶴ヶ丘24plusスタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

たまごの話

みなさまはじめまして。スタッフの鎌井です。
みんな大好き、たまごのお話をさせて頂きたいと思います。

みなさま、たまご、食べてますか?
トレーニングに励む方はもちろん、男性女性さらには年齢問わず、ぜひ摂っていただきたい栄養満点の食材です。

たまごの栄養素ですが、Mサイズ(だいたい50g)ひとつあたり、
・たんぱく質:6.2g
・脂質:5.2g
・炭水化物:0.2g
と炭水化物がほぼ無く、たんぱく質が豊富に含まれた素敵な存在です。とても素敵。

そして値段がお手頃。
スーパーではだいたい10個入りパックが200円ほどで、安い時にはひとパック98円で売られていることも。
ええ、そんなに安く買えちゃっていいんですか。たんぱく質62gが98円で。
なんて素敵。

そんな素敵なたまご、食べてますか?
わたしは毎日最低2つは食べています。
オムライスを作るときはひとり3個のたまごを使っています。
そんなに食べて大丈夫かって?大丈夫です。

かつてたまごは1日1個までと言われていた時代がありました。コレステロールの摂取上限値というものがあったからです。

しかしアメリカの研究により、食品から摂るコレステロールは血中コレステロールの値と関係ないという結果が出て、コレステロール上限値が日本でも撤廃されました。

色々な料理がありますが、やはりゆでたまごが一番シンプルで一番簡単、そして一番食べやすく持ち歩きやすい。
そんなゆでたまごのゆで方をお伝えさせていただきたいと思います。
このやり方を実行すれば、中はトロトロ半熟、殻を剥くときもつるりと綺麗、是非お試しいただいて、明日からズボンの右のポッケと左のポッケにゆでたまごを忍ばせてお出かけください。これでたんぱく質は12.4g摂取できます。

1.まずたまごが全部浸かるほどの深さの鍋にお湯を沸かします
2.沸騰したら、冷蔵庫から出したてのたまごをおたまでお湯に沈めます。(底にコツンと落としてしまうと割れるのでおたまでそっと!)
3.6分30秒茹でます。たまごが小さい場合や一度にたくさんたまごを茹でる場合、かための茹で上がりが好みの方は時間をのばしてください。
4.茹でている間にボウルに氷水を用意してください。製氷機などの氷でなくても、保冷剤等で冷やした水でもかまいません。とりあえずひえっひえの水をご用意ください。
5.茹であがったたまごを用意しておいた氷水にとります。3分ほどでいいです。わたしはよく忘れてそのままほったらかしています。大丈夫です。
6.殻を剥けばホラ!つるりとかわいいたまご肌!かじれば美しい輝きの黄身が顔をのぞかせます。ここがユートピア。たんぱく質の楽園はこんな身近にありました。

以上でございます。
茹でたたまごは割と雑に扱っても大丈夫ですので、冷蔵庫の中の引き出しや仕切り容器の中に放り込んでわたしに食べられるまで待っててもらいます。
塩で食べるゆでたまごが一番素材の味が生きててローカロリーでいいのですが、最近味玉にするのにもハマっています。
作り方は簡単、めんつゆにドボンするだけです。白だしもおいしいです。

酢醤油たまごもさっぱりするのでおいしいですよ。
醤油大さじ2、酢大さじ2、砂糖大さじ1をまぜたものをジップ付き袋に入れ、剥いたたまごを入れるだけです。
漬ける液体が少ないのでジップ付き袋に入れて時々たまごをコロコロして満遍なく浸かるようにしてあげてください。

いかがでしたでしょうか。
みなさまの素敵なたまごライフにつながればこんなに嬉しいことはありません。
お読みいただきありがとうございました。


(鎌井)

画像(1):たまご1
画像(2):たまご2
画像(3):たまご3
画像(4):たまご4
※画像撮影者/鎌井
たまごの話 たまごの話 たまごの話 たまごの話
2021年10月22日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。