main_blog main_blog

茨木店キッズブログ

キッズスクール現場の声をお届けします!

いばライダーがキッズスクールに潜入!! 〜水・土曜日編〜

第2弾は、水曜・土曜日のバレエクラスに潜入してきました!!
インストラクター『吾妻 亜紀さん』に直撃インタビュー!!

吾妻: 皆さん暑い日が続いていますが、お元気ですか??
キッズバレエを担当している、吾妻です。
私は、3歳から西宮っ子です。
3歳でカトリック系お嬢様幼稚園に入ったが、どうしても合わず(今だにわからない??)
近くの公立幼稚園に変わり、「水を得た魚」のごとくのびのび楽しい幼稚園生活を送りました。
当時、幼稚園でバレエのレッスンをしていたのが、バレエとの出会い!!それが5歳の頃です。
それから、ずーっとバレエを続け、17歳で先生のアシスタントデビューをしました。
高校の部活もバレエ部。
大学時代は、フィットネスクラブのアルバイトでエアロビクスも習得しました。
卒業後は、バレエ、エアロビクスの技術を高める為に、何度も渡米してスキルアップに努めました。

いばライダー:子供の頃の夢は? 
吾妻:幼稚園の先生。
小学校の頃から、毎日近所の子供を集めて「幼稚園ごっこ」か「学校ごっこ」をしていた。

いばライダー:レッスンをはじめられたきっかけは?
吾妻:幼稚園でやっていたバレエのレッスンを見てあこがれた。

いばライダー:レッスンをしていて一番嬉しかったこと思い出に残っていることはなんですか?
吾妻:オアシスで開催される発表会で、子供達がとてもうれしそうに踊っている姿を見る事が、私自身とても嬉しく思い出に残る事ですね・・・
日頃の練習の成果が、1つの形となる事が感動です。
毎回、涙しています。

いばライダー:一番楽しい時は、どんな時ですか?
吾妻:難しい動きを子供達が理解して、きれいな動きにつながった時。

いばライダー:レッスンをする上でこれだけは欠かさないこと、こだわりはありますか?
吾妻:(1)名前をしっかり覚える。
(2)ほめる時は、思いっきりほめる。
(3)怒る時は、しっかり怒る。

いばライダー:最後に皆さんへメッセージをお願いします。
吾妻:週に1回60分しかないバレエレッスンですが、バレエの基本を少しづつですが、しっかりと指導しています。
いろいろな年代の子供達がいるので、従のつながりができてきて、子供の世界がしっかりと作られています。
外から見ていて、とてもいい雰囲気です。
子供らしく無邪気で愛らしい姿が大好きです。
レッスン前後では、一人一人の話しを聞くように心がけてお互いに楽しい時間を共有しています。
皆さんも是非、茨木店でバレエをはじめてみませんか!!
茨木店でお待ちしています。

(小池)
画像/ インストラクター吾妻亜紀さん
※画像撮影者/小池


()
いばライダーがキッズスクールに潜入!! 〜水・土曜日編〜
2008年08月30日│コーチ・スタッフ日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。