main_blog main_blog

オアシスクラブウエスト心斎橋ブログ

クラブウエウト心斎橋スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

走るときのポイントは・・・

先日、林・大前と3人で鳥取へ行ってきました!
海水浴と砂丘に行くということだけ決めてホテルを予約し、後は無計画!
まぁ3人で計画を立てても、なかなかうまく回らないと思うので、ちょうど良かった気もしますが(笑)

私が運転していたんですが、しっかり道を把握していなくて多少迷子になってしまいました。
やっぱり事前の確認は大切ですね。何か利用する際しっかり事前チェックすると不安も解消出来るし、周りにも迷惑かけずに済みますしね。
何だかそれを思うと、ホームページとか最近は情報収集が便利になりました。

話は変わりますが、日本海はほんと綺麗ですね。
林と大前がはしゃいでるのを見て、とても嬉しかったです!
天気は生憎の曇りでしたが、とても満足しました。

翌日、予定していた砂丘へ。
林が急斜面を走って行くのを見て、私も!と思いかけのぼってみましたが、体力の限界でした…
大前と、「しんどいー」「疲れたー」とボヤキながらやっと頂上へ!

絶景です!!

体力を使って、成し遂げたあの気持ち良さはたまらないですね!
久々に、陸上していた頃の事を思い出しました。
小学生から高校生までの陸上部時代のことが、走馬灯のように蘇りましたが(言い過ぎですかね?)特に駅伝に出た時に味わったものは、この気持ち良さに似ているような…。
冬の雪が舞う日も、ランパン・ランシャツで何キロ何十キロと走り続け体力づくりに励み、試合に挑みました。何度もくじけそうになりながら、声援を聞くたびに皆が繋いでくれたタスキを自分で止めてはいけないと限界を超えた何かで走りきり、またタスキが繋がる。
すごく感動的なんですよね。

ランニングマシンで走っている皆さんの中にも、中・長距離で頑張っている方がいらっしゃると思います。
ランニングフォームは、軽く握りこぶしをつくり、ひじは90度、視界の下の方に入る程度で軽く腕をふり、ヒザも引き上げるのではなく自然と前へ出すようにし、カカトから親指(つま先)へ体重をかけるように走るのが基本姿勢です。 
姿勢を意識しながらも、肩の力は抜いてリラックスして走ってくださいね。
長い距離を走るのは、自分との戦いです。何事も無理のしすぎはいけませんが、日々のトレーニングの成果が昨日の自分を越えるものとなっていきます!「そこが限界だ」と思わずに頑張りましょう!!

今回の旅行では思わぬところで昔感じた達成感を味わうことができました。皆さんも、何らかの形でウエストで達成感を味わって、その瞬間に感じた物を忘れないで下さいね。


(森)

画像(1):砂丘にて
画像(2):鳥取の思い出
※画像撮影者/森
走るときのポイントは・・・ 走るときのポイントは・・・
2009年09月11日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。