main_blog main_blog

オアシスクラブウエスト心斎橋ブログ

クラブウエウト心斎橋スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

わんこ蕎麦とトレーニングの共通するトコロ

先日、休日一日使って地元の友達四人で兵庫県の出石(いずし)に遊びに行きました。
車で4時間ほどで着くんですが今回出石を選んだ理由は蕎麦!
なんでも出石は蕎麦で有名らしく僕は何も聞いていなかったので蕎麦を食べに行くというのを現地ではじめて知りました。

出石に着くと本当に蕎麦屋ばかり。
いろんな蕎麦屋がある中で今回いったのはわんこ蕎麦くらいの量が一人前でどれだけ食べられるか挑戦できる店!
30皿以上食べると店の掲示板に半永久的に名前を残せるところでした。
個人的には無理矢理掻き込むよりも天ぷらとかも食べながらおいしく蕎麦をいただきたかったのですが…
とはいっても本場の蕎麦ははんぱなくおいしくて10皿ほどは楽々食べきれました。
これは30皿は余裕かなと感じましたがそんなあまい考えが落とし穴。そこから一気にペースダウン。
一息ついたのが命取りで同じ味に飽きて食が進みません。
味を変えようとつゆに卵やトロロを入れてみますがそれが更にお腹を膨らまし逆効果!
皆さんご存知でしたか?
人間って満腹の更に上を超えると蕎麦をすする吸引力まで失われていくんですよ!
目標の30皿までのラスト五皿は本当に生き地獄でした。
店の人の話では「最近の人は気合いが足りないから30皿までいく人は珍しくなった。」
その言葉もあったので余計に意地になって食べ続けました。
そして見事30皿達成!
僕の喜びに周りのお客さんも小さく微笑んでくれました。
30皿ギリギリということで僕の位は関脇でした。(当然トップは横綱。最高は64皿でした。)
僕的にはもう一本も食べられないほど頑張ったのですが。

何はともあれ僕は最初に決めた目標30皿を食べきりました。
挑戦している中、苦しい思いをして、途中めげそうになったこともありました。
しかし達成してからは挑戦してよかったと思え、充実感にみちあふれています。
あれっ、これってフィットネスでも同じことが言えますよね。
痩せるためにしんどいこともありますががんばって達成した時の充実感はまさに同じ領域です。また、トレーニングで体を作ることももちろん同じです。
最近フリーウェイトでのトレーニングをメインに頑張っている僕ですが、特にベンチプレスは力を入れています。マネージャーの大城に手伝ってもらいながら行っているのですが、そのトレーニングの中で「フォーストレップ法」というトレーニング方法があります。この方法を簡単に言うと、自分の力でベンチプレスが挙がらなくなった後も、大城に手伝ってもらいながら数回頑張って持ち上げるトレーニング方法で、自分で「限界」と思ったところから更に追い込んでいくトレーニング方法です。(詳しく知りたい方は是非お声をおかけください)このトレーニングをすると、自分で「もう限界!」と思っていても意外とまだまだ頑張れることが判明します。そして、それをやりきった後はかなりの充実感があります!
何が言いたいかというと、「是非蕎麦大食いに挑戦してください」という訳ではなく、自分で「限界」と思っていても人間以外ともう少し頑張れるものですということです。皆さん今日からトレーニングの際は是非心がけてみてください。「限界」の1歩先にチャレンジしましょう!!
ただもし出石に行く機会があるようならば是非原野まで一声おかけください。

ちなみに…。
大食いがんばった証として蕎麦代が4,000円かかりました。
皆さんは蕎麦で4,000円かけたことありましたか?


(原野)

画像(1):わんこそばチャレンジ中
画像(2):こんな感じです
※画像撮影者/原野友人
わんこ蕎麦とトレーニングの共通するトコロ わんこ蕎麦とトレーニングの共通するトコロ
2009年11月05日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。