main_blog main_blog

オアシスクラブウエスト心斎橋ブログ

クラブウエウト心斎橋スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

まずは自分から

マイケルジャクソンのドキュメンタリー映画を見てきました。
公開は11月27日までなのですが、何とか間に合いました。

この映画、合間合間に拍手をしたくなります。
座席の背もたれに、もたれていられません。身を乗り出して観てしまいます。
どんな些細な動きも見逃すまいと目が見開き瞬きもできません。
ついでに体格のいいダンサーにも釘付けになります。
素のマイケルに思わず微笑んでしまいます。
踊れないのに、自分も踊れる気になってしまいます。
言葉の端々に繊細なマイケルの優しさがにじみ出て鳥肌が立ちます。
観終わったあと、スゴイとしか言葉が出てきませんでした。

マイケル世代ではない私ですが、なぜか小さい頃から彼には興味がありテレビのチャンネルをよくとめていました。
でも彼をニュースで見る時は、切ない気持ちになっていました。
私はマイケルジャクソンは本当に素晴らしい人間だと思います。
同じ時代に生きれたことを嬉しく思います。
この話…長くなってしまいそうなのでこの辺にしておきますね。

映画にも歌にもありますが、彼はいつも環境や愛のことについて世界に訴えていました。
この映画、マイケルジャクソンを通して環境について今まで以上に意識が高くなった方も多いのではないでしょうか。

今ではよく見かけますが、エコキャップ運動をクラブウエストでも行っています。
約800個のペットボトルのキャップを集めると、一人分の子供のワクチンに変わるというものです。
フロント前にエコキャップBOXを設置し、今では多くの方が協力して下さっています。
中には家で集めたキャップを定期的に持って来て下さる方も多くいらっしゃいます。

でもまだ、館内のゴミ箱にはキャップがついたまま捨てられているペットボトルも少なくありません…

できることから。
まずは自分から。

捨てられてしまうキャップが一つでも少なくなるようにしていこうと決めました。
みなさんもご協力お願い致します。


(柴田)

画像(1):フロント前のエコキャップ回収BOX
※画像撮影者/柴田
まずは自分から
2009年11月24日│店舗日誌
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。