main_blog main_blog

オアシスクラブウエスト心斎橋ブログ

クラブウエウト心斎橋スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

夏バテ改善策

スポーツでダイエットやストレス発散!!この時期、特に汗をいっぱいかくので、運動するにはもってこいですが、心配なのが夏バテ…。毎日毎日30度を超える真夏日が続きますが、みなさん体調は崩されていませんか?
屋外と屋内の温度差に驚いた事はないでしょうか?
ガンガンに効いた冷房、それに加え、この時期は暑い暑いと冷たい飲み物や食べ物を沢山摂取しがちですよね。

夏は暑いから身体は冷えないと思っている方は要注意です!人間は恒温動物なので、体温を一定に保とうとする力がありますが、その限界は8度だそうです。
外気温33度、冷房設定25度ではすでに限界なんです。そんな温度変化の激しい環境を行き来していると、こんな症状がでてきます。

・自律神経失調
・ドロドロ血
・貧血
・水分多過
・冷えのぼせ
・免疫力の低下
などなど…。
それに気づかずに過ごしてしまうと、最終的になるのが夏バテです。

夏バテになる前になんとか食い止めたいですよね!
今から簡単に出来る予防法をご紹介致します!

◎体が重い、肩こり・頭痛、手足が常に冷たい、夏風邪を引く。
こんな方は『冷え予防』を。

先ほども書きましたが、急な温度差は身体に毒なのです。
冷房の温度は25℃以上に設定を。
設定を変えれない場合は衣類で身体を温めましょう!

◎暑くて寝つきが悪い、睡眠不足、寝ても疲れがとれない。
こんな方は『心地よい睡眠』をしていただく為に…

睡眠不足なってしまうのは、
寝ている間に布団の中の湿度が上がり、汗が気化しにくくなり、蒸し暑いからなのです。

こういう時はどうしても冷房に頼ってしまいがちですが、
寝具やパジャマを通気性の良い物に変えるだけで良いのです。

◎食欲がない、下痢や便秘を繰り返す、尿意で目がさめる。

原因は冷たい物を摂取しすぎなのです。
冷たいものを一気に摂取すると、胃に負担がかかり、食欲をなくすなど、夏バテの原因になります。そこで、夏なのにと嫌がらず、身体を芯から温めてくれるスープで栄養補給を。
更にお腹を外からも暖めてあげると尚良いですね!

◎肌荒れ、肩こり、腰痛。

血流が悪くなるとこういった症状がでてきます。
そういうときにはスポーツや半身浴を!
たっぷり汗をかいて、老廃物を出し、全身の血行をよくしましょう。

こういった予防法は難しくないので今すぐにでも始めれると思いませんか?
いつもよりちょっと身体がダルいな〜と感じた方、ひとつでも良いので意識してみましょう!


(大前)

画像(1):いつもの食事に胃に負担がかからない温かいスープをつけてみました。
※画像撮影者/大前
夏バテ改善策
2010年08月14日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。