main_blog main_blog

オアシスクラブウエスト心斎橋ブログ

クラブウエウト心斎橋スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

身体を守る、二の腕

温かい季節になってくると着る物も薄くなってきます。
そうなると、身体のライン…特に、腕の部分は気になるのではないでしょうか?
私の母親も「この振袖がね〜」と言うのが通年の口癖になっています。

二の腕、毛嫌いされる方も多いかと思いますが、実はすごく大事な部分なのです。皆さん、道路でこけた時、こけそうになった時、パッ!と手で支えようとしませんか?このとき、支えようとした手の筋肉の中で一番力を発揮すると言われているのが、二の腕なのです。この、パッ!と手で支えようとする反応は子どもの頃から備わっており、そのほとんどが、1歳前後で備わるのです。人間ってすごいですよね。こんな小さな時から、自分を守る反射が備わるなんて!

少し話が脱線しましたが、今回は、このパッ!と手で支えようとした腕の筋肉についてのお話です。二の腕、正式名称が「上腕三頭筋」。力こぶと言われる「上腕二頭筋」の裏側についていて、肩甲骨から上腕骨、肘にかけて付着している筋肉です。

鍛え方としては、単純に言えば、肘を曲げたり伸ばしたりすれば鍛えられます。
よく行われるのは、
・手にダンベルを持って肘の曲げ伸ばし(キックバック)。
・マシン(ツーハンドステーション)を使い、両手で綱を持ち、肘の曲げ伸ばしをする(トライセプスエクステンション)。
この上記2種類が多いのではないでしょうか?

今回、私がオススメするのは、ディップスというもの。
1.椅子や台の上に座ります。
2.身体の横に両手を付きます。(肘が必ず脇腹に付いているようにしてください。)
3.しっかりと肘を伸ばします。
4.足のついている位置を、徐々に座面から放していき、お尻が座面よりも前に出るようにしてください。さぁ、セット完了です!(写真1)
5.胸を張ったまま、肘の曲げ伸ばしです。肘は90度まで曲げることを目標に!(写真2)

強度は、個々人の体力に合わせてもらって結構です。初めて行う方は、膝を曲げながら肘の曲げ伸ばし。慣れてきた方は、スタッフ原野のように膝を伸ばして行うと効果が出ると思います。
もし、やり方が分からない、もっと強度が欲しいなどの質問・要望等ありましたら、是非宮崎祐におっしゃってください。いつでもお手伝いさせて頂きます!

さぁ、春・夏に向けて、スラリとした腕、たくましい腕を手に入れてください!


(宮崎)

画像(1):スタッフ原野の腕を目指して
画像(2):セット完了
画像(3):肘は90度
※画像撮影者/宮崎
身体を守る、二の腕 身体を守る、二の腕 身体を守る、二の腕
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。