main_blog main_blog

オアシス赤塚24Plusブログ

赤塚店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記

意外と知らないカルシウム

今回は意外と知られていないカルシウムについて書きたいと思います。カルシウムといえば骨を丈夫にするというイメージが強いと思いますが、実は他にもたくさんの効果があります。

カルシウムは筋肉細胞の潤滑油のような役割をします。量が不足すると筋肉が痙攣を起こしたり硬直しやすくなってしまいます。また、カルシウム不足が続くと骨を溶かして足りない分を補おうとします。ですが、そうして作り出されたカルシウムは血管に蓄積されやすく動脈硬化を引き起こす可能性があります。

このほかにもたくさんの効果があるカルシウムですが、実に60%の人がカルシウム不足といわれています。特に20〜30代のカルシウム不足が目立ちます。1日に男性で700mg、女性で600mgは摂取するようにしましょう!

カルシウムを含む食材はたくさんありますが、成分表示の量がそのまますべて吸収されるわけではありません。最も吸収率の高いとされる牛乳でも約4割です。その原因はリンという成分です。リンは加工食品やインスタント食品に多く含まれている他にも乳製品、大豆、魚、肉にも含まれています。このリンがカルシウムの吸収率を悪くしています。ですが逆に吸収率を促進する成分もあります。それはビタミンDです。ビタミンDを多く含んでいる食品は干ししいたけ、きくらげ、うなぎ、卵などです。これらと一緒に摂取することでカルシウムの吸収率を高めます。

ここまでカルシウムについて書いてきましたが、体には良いけれど摂るのは少し難しいといった感じですよね?確かに食品から摂取するのは大変だと思いますがサプリメントなどで摂取するのも良い方法だと思います。皆さんカルシウムをたくさん摂りましょう!


(北岡)
2012年06月16日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。