main_blog main_blog

オアシス赤塚24Plusブログ

赤塚店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記

ビタミンDを取るべき意外な理由!

こんにちは!オアシス赤塚店の児玉です。
九月に入りましたが、まだまだ暑いですね。
今回は、夏の日差しに含まれる紫外線と関係が深い栄養素の、「ビタミンD」について書いていきます。

始めに、ビタミンDとは脂溶性ビタミンの一種で、紫外線の作用により皮膚でも合成されます。合成される量は、季節や国、日焼け止めクリームの使用の有無により、個人差がありますが、最近では、日焼け止め防止グッズの過剰な使用によりビタミンD不足が見られます。

このビタミンDが不足することで起きる病気があります。小児の「くる病」(カルシウム・リンが骨基質に十分に沈着せず、骨塩(セメント部分)が不十分な弱い骨ができてしまう状態)、成人における骨軟化症、小児や成人のカルシウム吸収率・骨量の低下、そして高齢者の骨粗鬆症による骨折リスクの増大が挙げられます。

夏場は、手の甲を5〜10分程度日に当てておくだけでも十分なビタミンDが合成されるので、ぜひ実践してみてください。また、冬場は紫外線量が少ないため、食べ物から摂取しましょう♪アジ、アユ、マイワシ、カタクチイワシ、ウナギ、カジキ、サケ、ニシン、シラス干し、などの魚がビタミンDの豊富な食品です。

適度な日焼け対策をしてこの夏を乗り越えましょう♪

東急スポーツオアシスでは、食事や運動をサポートする「シェイプナビ」というダイエットプログラムがございます。運動ももちろん大切ですが、栄養素も考えながら生活していきましょう。


(岩本)
ビタミンDを取るべき意外な理由!
2020年09月12日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。