main_blog main_blog

本社スタッフブログ

東急スポーツオアシス本社スタッフの声をお届けします。

コラム1:ノーボーダー宣言

本日より、4回にわたり、今後のダンスイベントへの考え方、ダンスへ取り組み、全国のインストラクターに向けたメッセージを発信していきたいと思います。

第1回目は、「ダンスイベント」に関することです。結論からいえば、弊社の開催するダンスイベントは“ノーボーダー”です。ここでいう壁とは、年齢、ダンス経験、ダンススキルだけでなく、ジャンル、企業や団体にまで及びます。

まずは、ジャンルから。フィットネスクラブの主催するダンスイベントですから、対象ジャンルは一般的なストリートダンスやJAZZだけに留まりません。エアロビクスやダンスエアロ、フィットネスダンスやラテンなど、各施設で楽しんでいらっしゃるジャンルがあるのであれば、それらでのチームでの出演もすべて受け入れるということです。音楽に合わせて、体を動かし、ステージ上で表現できるものであるのなら、すべて歓迎ということです。

次に、企業や団体です。企業が主催するイベントは、そのクラブに所属する会員様が中心であり、中には会員様でなければ参加できないイベントもあります。これだけ、様々な形でイベントが溢れ、かつ企業・団体だけでなく、フリーランスのインストラクター個人でも主催されています。企業間の壁を取っ払い、企業・団体、所属関係なく、開かれたイベントが必要ではないでしょうか。他クラブの出演者との交流、刺激がモチベーションを高め、よりダンスが好きになるきっかけになるでしょう。

ですので、弊社のダンスイベントは、「ノーボーダー宣言」を掲げ、企業間を越え、様々なジャンル、様々な企業・団体、個人からの出演を歓迎いたします。今年9月に開催されるイベントも、もちろん、“ノーボーダー”です。


(藤本)
コラム1:ノーボーダー宣言 コラム1:ノーボーダー宣言 コラム1:ノーボーダー宣言 コラム1:ノーボーダー宣言
2017年05月09日│DANCE担当者の声
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。