main_blog main_blog

本社スタッフブログ

東急スポーツオアシス本社スタッフの声をお届けします。

DESの主役は誰か

1200名

東急スポーツオアシスが誇るダンスイベント、DANCE ENTERTAINMENT SHOW 2017(以下DES2017)が無事に終了いたしました。2日間、多くのご来場ありがとうございました。ここから、イベント後記ということで、様々なレポートをアップすると思いますし、各種SNSでも当日も模様をアップする予定ですので、お楽しみに。

さて、今回は、DESの演目順へのこだわりです。まず、前提として、誰が主役であるかを大切に考えます。それはもちろん、会場にいるすべての方であることは間違いないとしながらも、ステージに立つ出演者の方々です。

演目の中には、スペシャルゲストのショーケースもあります。国内のダンスシーンを引っ張るメジャーな方にもお越しいただくこともあります。その方々に、圧巻のパフォーマンスを期待し、会場を盛り上げていただくことを託しつつも、ラストに持っていくことはいたしません。ゲストのみなさんへのリスペクトに変わりはないですし、事前に説明もいたします。それは、やはり主役は出演者の方々であると考えるからです。

また、演目順にあたり、最後の方だから特別とも考えません。もちろん、大トリを務めるチームにはプレッシャーもあると思いますし、相当の覚悟をされたことと思います。ですが、トップバッターであろうと、中盤であろうと、期待するものに変わりはありません。野球の打順と似たような考えかもしれません。確かに、大トリは4番バッターかもしれませんが、1番バッターとして先陣を切る者、つなぎの役目をする者、足でかき回す者、、、など点が線となってひとつのチームであるように、演目もすべてがつながってDESなのです。

ですので、トップバッターが勢い付けてくれたなとか、あのチームからあのチームへの流れよかったなとか、このチームが以降のチームに踊りやすくしてくれたな、、、などの流れ、盛り上がりの曲線などを感じていただけましたら幸いです。

DESは、すべての出演者、すべてのチームが主役でありたいと願うイベントであり、線となり、仲間となって、会場に一体感のあるイベントを目指します。


(藤本)
DESの主役は誰か
2017年09月22日│DANCE担当者の声
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。