main_blog main_blog

オアシスあべの店ブログ

あべの店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

オアシス阿倍野防災訓練日記

東急スポーツオアシス阿倍野店が入居するルシアスビルの防災訓練で、
ビルの近くにある「大阪市立阿倍野防災センター」に行ってきました。
この防災センターでは火災や地震の災害の疑似体験を学ぶ事ができます。
その体験の一部分を紹介します。最初に体験したのは火災時の煙の発生を
建物の中に人工的に作り、その煙の中を避難する方法を学びました。
煙は天井から充満してくるので、避難する時はできるだけ姿勢を低くして、
床に近い部分の空気を吸うようにし、ハンカチか濡れたタオルで口を押さえて
移動します。実際の火災時の煙には一酸化炭素やその他有毒ガスを含んでいる
ので吸ってしまうと酸素不足を起こして行動が取りにくくなるので要注意です。
火災の犠牲者の大半はこの煙を吸って逃げ遅れに因るものが大半だそうです。

次に体験したのは、バーチャル地震コーナー。阿倍野防災センターの地震体験
設備は「地震体験カー」とは違い西日本に唯一の設備だそうです。
ここでは、阪神淡路大震災の記録された揺れや、近い将来に発生すると指摘され
ている南海地震と東南海地震の2つの巨大地震(M8クラス)を体験しました。
体験コーナーのステージが実際に徐々に揺れ始めるのですが、ステージの手すり
につかまって立っているのがやっとで、この状態でガスの元栓や火の元を止める
などとてもできません。もちろん屋外へ逃げ出すことも容易ではありません。
実際に遭遇してしまったら、転倒、落下しそうなものから離れ、頭を保護するしか
ないですね。これが本当の地震だったら・・と思うと本当に恐いですよね。
皆さん一度ご自宅にいる時に地震が発生したことを想定して家具の位置や避難経路、
防災グッズのチェックは日頃からしておいた方がいいと思います。

最後に体験したのは消火栓のホースを使った消火活動です。ビルのテナントを代表して
放水にチャレンジしました。想像していたより強い水圧でしっかり足を踏ん張らないと、
なかなか火元の目標物に水が当たりません。普段できない消化活動の訓練なので本当に
貴重な体験をする事ができました。
私たち東急スポーツオアシスではスタッフ向けに避難訓練や心配蘇生法、AEDの使用方法
の確認など防災訓練を定期的に実施しています。普段から防災意識を持つ事と定期訓練の
積み重ねが、もしもの災害時にお客様の避難誘導に必ず役立つと信じて日頃から取り組ん
でいます。
(渡辺)

画像(1)消化開始
画像(2)火元に命中
※画像撮影者/向井


()
オアシス阿倍野防災訓練日記 オアシス阿倍野防災訓練日記
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。