main_blog main_blog

オアシスあべの店ブログ

あべの店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

BCAAで脂肪燃焼!!

師走に入り、今年も後1週間余りとなりましたが、今日はアミノ酸のBCAAについてご説明させていただきます。BCAAとは何かですが、身近な場所では皆様が愛飲されているアミノバリューやVAAM等のスポーツ飲料に配合されています。まずBCAAとは(Branched Chain Amino Acid)の頭文字であり、バリン・ロイシン・イソロイシンの3つのアミノ酸を指します。

BCAAの効果
●ダイエット効果
BCAAには特に腹部の脂肪を多く燃やす働きと、内臓脂肪を減少させる効果があり、成人病の対策に効果的です。
●スタミナ向上
特に強度の高い運動をする際のエネルギー源として使われる。また、グリコーゲンを溜める作用もあり疲労回復に貢献。無酸素運動である筋力トレーニング時や有酸素運動時にも効果的!!
●覚醒作用
セロトニンという疲労感や眠気を起こすホルモンの分泌を減らすことができます。トレーニング中に欠伸が起こった経験はないでしょうか。それは身体疲労により、体内でアミノ酸の一種であるトリプトファンが脳内に入ることでセロトニンホルモンが分泌され疲労感や眠気が欠伸を発生させるのです。体の防御反応ですので、正常な作用ではありますが、トレーニングの後半での集中力がなくなるのを軽減できます。BCAAはこのトリプトファンが脳内に侵入するのを防いでくれる働きがあります。
●アナボリック作用
たんぱく質を合成する能力をサポートし、筋肉をより大きく強くしようとする作用があります。マラソン等の長時間の運動においても筋肉を分解することなくエネルギーとして消費してくれます。

私はBCAAパウダーをトレーニング前・中・後と摂取しておりますが、集中力がアップし、トレーニングの質が向上しましたし、使用重量の増加や、血中アミノ酸濃度が高くなることによる発汗量が増えました。また、日常生活においても就寝前や起床後に摂取すると、より早く体にエネルギーが行渡ることで倦怠感がなくなります。お仕事で朝食が食べれない方等にも補助食品としておススメです。摂取方法としまして、トレーニング中はBCAA入りドリンクを、運動後にBCAAを摂取していただくことで最大限の疲労軽減効果があります。またプロテイン等を飲むとお腹が緩む方は代用としてBCAAを飲むと胃での消化作用が省かれますので、胃腸に負担をかけず、すぐに栄養が行き渡ります。これから年末に向けて疲労が蓄積しないよう、BCAAの恩恵を授かりましょう!!


(三谷)

画像(1):BCAA
※画像撮影者/三谷
BCAAで脂肪燃焼!!
2010年12月24日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。