main_blog main_blog

オアシスあべの店ブログ

あべの店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

内転筋のネガティブトレーニング

最近温かくなってきてトレーニングしやすい季節になってきましたね。
皆さまが好きなトレーニングは何ですか?私はヨガやKICKなどのレッスンを受けるのも好きですが、ベンチプレス等のフリーウェイトやマシントレーニングも大好きです。
今日は皆様に私のオススメのトレーニング方法をお伝えしたいと思います。

今日お伝えするのは内転筋のネガティブトレーニングです。
ネガティブトレーニングは通常、補助してもらう人に挙上時に助けてもらい、おろすときにゆっくりと動作を行うというもので、私もよくベンチプレスの際に男性スタッフに補助してもらって行っています。
ゆっくりとおろすときの筋肉の動き(エキセントリック収縮)のほうが重い重量を上げられ、筋肥大が起こりやすいトレーニング方法だといわれていますので、筋肉痛になるのが大好きな永保は好んで行っております。
補助してくれる人がいれば良いのですが、男性スタッフがいつもいつもいるわけではない+他のトレーニングでもネガティブトレーニングを行いたかったので、この方法をあみ出しました。

あべの店にあるインナーサイというマシンを使い、まずは自分の10RM(10回でぎりぎり持ち上げられる重さ)より重くウエイトを設定します。脚を内側に閉じるとき自分の手でサポートしパッドを内側に寄せます。(写真1)開くときは足の力だけでゆっくりと戻します。(写真2)3セット終わる頃には内ももがプルプルして歩きづらいほどに追い込めます。

このほかにもオススメのトレーニング方法が沢山ございますので、ご興味おありの方は是非お声かけ下さいね。


(永保)

画像(1):閉じるときは自分の手でサポート
画像(2):開くときは足の力だけでゆっくりと戻します
※画像撮影者/永保
内転筋のネガティブトレーニング 内転筋のネガティブトレーニング
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。