main_blog main_blog

オアシスあべの店ブログ

あべの店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

ピリオダイゼーションを意識

普段から頑張ってトレーニングを行っていても、最初は体に変化が現れたのに、その後全く扱う重量も伸びない…体も変わらない…と感じている方も多いと思います。

そういった場合には、ピリオダイゼーションを意識してみましょう!

ピリオダイゼーションとは、日本語で言うと「期分け」という意味。

この期分けをさらに簡単に言うと、トレーニングに波をつけるという事です。

トレーニングを頑張っていても、なかなか体が変わらないという場合、そのトレーニング内容を一度見直すことも大切です。

例えば、いつも同じ流れで、同じ種目で、同じ重量やセット数をこなしている…なんて事はないでしょうか?

画像(1)



体はトレーニングというストレスに簡単に慣れてしまうものです。
慣れた状態でいくらトレーニングを頑張っても、それ以上の効果・結果を求める事ができなくなります。

そこで、定期的にトレーニング内容に波を作り、刺激を変えていく事が新たな進歩につながります。

例えば、胸のトレーニングでいつもベンチプレスを行っている方は、ダンベルプレスに変えてみる。

画像(2)



または、マシンを使ってみる事も有効でしょう。

画像(3)



回数も、いつも10回行っているのであれば、重量を上げて7回で頑張ってみる、その逆も大切で重量を少しさげて回数を増やしてみるなど、さまざまな工夫で変化が生まれます。

体が変わらない…とお悩みの方は、ピリオダイゼーションを意識してトレーニングに変化をもたらしてみましょう。


(稲田)
ピリオダイゼーションを意識 ピリオダイゼーションを意識 ピリオダイゼーションを意識
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。