main_blog main_blog

オアシスあべの店ブログ

あべの店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

プロテインとゴールデンタイム

プロテインブログ第3弾です。
今回はトレーニング後のプロテイン摂取について解説します。

トレーニング愛好家の方は「ゴールデンタイム(或いは、アナボリックウィンドゥ)」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?
一般的にゴールデンタイムとは、トレーニング終了後から30分以内を指し、この時間帯にたんぱく質を摂取することで筋肥大に大きくプラスに作用すると言われています。
この場合のたんぱく質は、消化の早いプロテインを指す場合がほとんどです。

運動後の栄養摂取の重要性は議論の余地がありません。
しかし、そのタイミングについてはおそらく数十年前から今日に至るまで議論の対象になっています。
確かにトレーニング後は筋たんぱく質合成が高まります。
また、たんぱく質(アミノ酸)や糖質の感受性も高まるため、栄養摂取も大切です。
(ここでは割愛しますが、筋肥大目的ならプロテインだけでなく糖質の摂取も非常に重要です)

ですが、トレーニング後30分以内のゴールデンタイムにプロテインを飲まなければ効果は薄れてしまうのでしょうか?

結論から言うと、「そこまで気にしなくても大丈夫」です。
現在主流の考え方は、ゴールデンタイムより「一日のトータルたんぱく質摂取量」が重要というものです。
諸説ありますが、ハードに運動をしている方では、体重1kgあたり1日約2gが推奨されることが多いようです。(体重70kgなら140g)

私も昔はトレーニング終了直後にプロテインを摂取していましたが、現在は胃腸の負担を考えトレーニング終了から60分程度経ってから飲むようになりました。
(トレーニング直後は筋肉に血流が集中しており、消化管は万全の状態にありません)
このようにタイミングは遅くなりましたが、特にマイナスの変化は感じていません。

皆さんも神経質になり過ぎず、気軽に栄養補給を考えてみてはいかがでしょうか。


(矢之高)
プロテインとゴールデンタイム
2020年12月16日│食事・栄養・レシピ
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。