main_blog main_blog

オアシスあべの店ブログ

あべの店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

お酒との上手な付き合い方 1

皆さんこんにちは
いつもあべの店ブログをご覧いただきありがとうございます!

暑さがまだまだ続く中
キンキンに冷えたビール
お仕事終わりに欠かせない!という方もいらっしゃるのではないでしょうか

今月そんなお酒との上手な付き合い方についてお話していこうとおもいます。

そもそもお酒が入ると体内でどんな事が
起きているのかご存知ですか?

お酒の中のエチルアルコールが脳の神経細胞に作用し、適度な麻痺を起す。
これが「酔い」の正体です。

ただこのアルコールは身体にとっては「異物」です。
その為、肝臓が分解してくれるのです。
この分解は大きく二段階に分かれ肝臓にて分解され最終的に無害な物質となり排出されます。
第一段階はアルコールからアセトアルデヒドへ
第二段階がアセトアルデヒドから酢酸へ
その酢酸が全身を巡り水と二酸化炭素に分解され息、汗、尿へと排出される仕組みです。

ここで問題となるのがアセトアルデヒドです。
アルコールを過度に摂取すると肝臓での処理が追いつかなくなり
血液中にアセトアルデヒドの濃度が高くなります。
そのアセトアルデヒドの毒性により頭痛や吐き気などの
二日酔いの症状が現れるというわけです。

このようにお酒による身体に起こる次回から
悪い事だけでなく良い事も含め
身体の為に上手なお酒との付き合い方を
医学的な根拠に基づきお話しいきますので
是非お楽しみに!

参考文献
秋津 壽男 酒好き医師が教える 薬になるお酒の飲み方 日本文芸社 (2018)


(遠藤)
お酒との上手な付き合い方 1
2021年08月11日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。