main_blog main_blog

オアシスあべの店ブログ

あべの店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

乳酸はエネルギー

夏と比べると屋外でも運動がしやすく、ランニングに挑戦する人も多くなると思います。

そこで、持久系のトレーニングには外せない「乳酸」について考えてみたいと思います。

「乳酸」という言葉にどんなイメージがあるでしょうか?

ほとんどの人が乳酸にポジティブなイメージを持っていないと思いますが、その理由はきっと

疲労物質または代謝物という言葉などとセットで語られることが多いからだと思います。

「乳酸が溜まる」=「疲労、疲れの原因」

今回はそんな乳酸のイメージを覆す「乳酸はエネルギー」というタイトルの通り、

乳酸は溜まるだけのものではなく使うことができるエネルギーであるというお話をしていきます。

人がエネルギーとして使える栄養素は主に糖質と脂質です。

(蛋白質も糖新生によってエネルギーになり得ますが、ここでは主なエネルギーではないため省きます。)

安静時から糖質も脂質も分解され熱になるのですが、運動時は糖質の分解と利用が活発になります。

これは、脂質と比較して素早く利用できる為です。

この糖質を分解する過程で一部が乳酸となるのですが、激しい運動をすると乳酸が溜まると言われるのは糖質の代謝が活発になるためです。
.

.

グリコーゲン,グルコース(糖質)

ピルビン酸⇔乳酸

ミトコンドリアで熱に変換

.

.

上記のように
実はピルビン酸からミトコンドリア内で酸化されエネルギーになるものと乳酸になるものに分かれますが、

乳酸は再びピルビン酸になりミトコンドリアで酸化されてエネルギーになるのです。

その昔、運動をした後の筋肉を調べると乳酸が多量に見られたことで、身体にとって悪者ではないかと思われていましたが、よく調べると悪さをするものでなく、エネルギーになることがわかりました。

乳酸がエネルギーであることを理解できると持久力をつけるためにどのようなアプローチが必要なのか、

また効率がいいのかわかるだけでなく脂肪燃焼などの健康増進のヒントを得ることができます。

しかし、持久系のスポーツにおいて乳酸が溜まるのはよくないと考えられます。エネルギーであるはずなのに多量に産生されるのは良くない場合があるのはなぜなのか、

次回以降少しずつ掘り下げて考えていきましょう。


(遠藤)
乳酸はエネルギー
2021年11月03日│健康
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。