main_blog main_blog

オアシス上大岡店ブログ

上大岡店スタッフによるフィットネスクラブ奮闘記!

自宅でできるトレーニングご紹介!

スタッフの荒川です!

梅雨に入り、雨の日が続く中、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
オアシス上大岡店は、お陰様で一周年を迎えることができました。
これからもスタッフ一同、心を新たにご期待に添えるよう努力してまいります。

さて、以前まで肩こり予防・改善や骨盤が後ろに傾いている人に向けてどこをストレッチ
すればいいかをお伝えしてきました。
そこで、今日はそれぞれの予防・改善のトレーニングをご紹介していきます。

なぜトレーニングが必要かと言いますと、常に筋肉が伸びやすくなってしまっているので、トレーニングを用いてその筋肉が収縮するという動きを覚えて筋バランスを整え、姿勢修正をしていきます。

肩こりがある方は僧帽筋の中部や下部をトレーニングしていくと改善していきやすいのでご紹介していきます!

画像(1)腰幅に脚を広げます→お尻を後ろに出すように股関節を屈曲します→軽く膝を曲げ、上体を腰が反らない様に倒します→両手でYの字をつくるように上げていきます→肩が上がらない様に注意しましょう


画像(2)横から見るとこのような形になります。


猫背や背中が丸くなりやすい方は骨盤の向きは後ろに傾きやすいので、腹直筋や大臀筋、ハムストリングスの筋肉が硬くなりやすい為ストレッチが必要です。
なので、伸びやすい脊柱起立筋群・腸腰筋群・大腿四頭筋のトレーニングをご紹介します!

画像(3)うつ伏せの状態になります→両手は耳につけましょう→両足は床につけたまま上体を起こしていきましょう


画像(4)両足を前後に開きます→つま先が真っ直ぐか確認→そのまま腰が反らない様に真下に下げていきます


画像(5)両足を肩幅より少し広めにします→背中が丸くならない様に下げていきます→膝が極端につま先より前になると痛める場合がございます→膝とお尻が平行になるぐらいまで下げていきましょう


これらをしていく事で姿勢の改善にも繋がります。そして、ご自宅でもできる種目なのでぜひストレッチと一緒にトレーニングをしてみて下さい!!

○港南区、南区、磯子区で『ジム・温泉・ホットヨガ』と言えば東急スポーツオアシス上大岡店


(荒川)

画像(1):腰幅に脚を広げます→お尻を後ろに出すように股関節を屈曲します→軽く膝を曲げ、上体を腰が反らない様に倒します→両手でYの字をつくるように上げていきます→肩が上がらない様に注意しましょう
画像(2):横から見るとこのような形になります。
画像(3):うつ伏せの状態になります→両手は耳につけましょう→両足は床につけたまま上体を起こしていきましょう
画像(4):両足を前後に開きます→つま先が真っ直ぐか確認→そのまま腰が反らない様に真下に下げていきます
画像(5):両足を肩幅より少し広めにします→背中が丸くならない様に下げていきます→膝が極端につま先より前になると痛める場合がございます→膝とお尻が平行になるぐらいまで下げていきましょう
※画像撮影者/藤原・荒川
自宅でできるトレーニングご紹介! 自宅でできるトレーニングご紹介! 自宅でできるトレーニングご紹介! 自宅でできるトレーニングご紹介! 自宅でできるトレーニングご紹介!
×
この記事を見てが拍手してくれています。
このブログ記事がいいなと思ったら、 拍手 ボタンを押してください。