フィットネス辞典

大腿四頭筋

大腿四頭筋の画像1

太ももの前側にあり、大腿ち直筋・内側広筋・中間広筋・外側広筋という四つの筋肉を総称してこう呼ばれ、全身の筋肉の中で最も強くて大きい筋肉です。この筋肉が弱くなったり、使いすぎで疲労したりすると、膝に痛みが生じたりの原因となります。
大腿直筋
場所:腸骨(骨盤の前側)から膝蓋骨(膝のお皿)を通り脛骨(すねの骨)
内側広筋
場所:大腿骨から膝蓋骨(膝のお皿)を通り脛骨(すねの骨)
中間広筋
場所:大腿骨から膝蓋骨(膝のお皿)を通り脛骨(すねの骨)
外側広筋
場所:大腿骨大転子(脚のつけ根)下部から膝蓋骨(膝のお皿)を通り脛骨(すねの骨)
働き:大きくは、それぞれ膝を伸ばす働きがあり、大腿直筋は膝を上に持ち上げる働きもある。
お勧めマシンエクササイズ:レッグプレス・レッグエクステンション・ヒップフレクションなど