フィットネス辞典

ローテータカフ(回旋筋腱板)

ローテータカフ(回旋筋腱板)の画像1

肩甲骨の前面と後面から起こる四つの筋(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋:それぞれの筋については別で説明)が付着している部分のことをいいます。野球など腕を使う運動には密接に関係しているため、この四つの筋肉やその外側にある筋肉(三角筋等)がうまく連動しないと、肩を傷める原因となります。
働き:上腕骨(腕の骨)を肩の関節部分にきちっと収めて安定させる
お勧めエクササイズ:チューブエクササイズ(インワードローテーション・アウトワードローテーションなど)