フィットネス辞典

TRX

TRXの画像1 TRXの画像2

|TRXとは
米海軍特殊部隊が考案した TRX® Suspension Training® 自重エクササイズは、筋力、パワー、持久力、可動性、耐久性、バランス、柔軟性、コアスタビリティを同時に鍛えます。 お客様の年齢や、普段のエクササイズ量、健康状態に関わらず、TRX Suspension Training をご自分のレベルに合わせて使用し、目標に向かってトレーニングを進めることができます。

TRX Suspension Training には TRX® Suspension Trainer™ が必要です。持ち運びが非常に簡単なこのトレーニングツールでは、重力と利用者の体重を利用して何百種類ものエクササイズが可能。また、利用者に合わせて即座に難易度を調整して、フィットネスやトレーニングの目標を達成できます。 TRX Suspension Training はこのように簡単に調整が可能なため、利用者のフィットネスの状態に関わらず、実用的なソリューションとなります。

|TRX SUSPENSION TRAINING の原理
TRX Suspension Training では、次の 3 つの原理に基づいてエクササイズを簡単に調整できます。

|ベクトル負荷の原理
ほとんどの立位のエクササイズでは、足の位置を固定ポイントに近づけると抵抗が増え、難易度が高くなります。 固定ポイントから遠ざかると、抵抗が減り、簡単にエクササイズを行えるようになります。

|振り子の原理
身体が床に近い状態で行うエクササイズでは、脚の位置を固定ポイントから遠ざけると抵抗が増え、難易度が高くなります。 足を固定ポイントに近づける、または、固定ポイントよりも後ろにすると、抵抗が減り、簡単にエクササイズを行えるようになります。

|安定性の原則
一般的に、支点の間隔を狭くして、または、身体の片方のみに支点をおいて(両腕や両足の代わりに片腕または片足のみを使用して)エクササイズを行うと、難易度が上がります。 支点の間隔が広いほど、身体は安定した状態になり、エクササイズの難易度が下がります。

※TRX公式ホームページより転記
※東急スポーツオアシスではオアシス本駒込店に導入しています。

今月のランキング

  1. 1位 ウイルス感染拡大防止への取り組み
  2. 2位 オアシスリザーブのご案内
  3. 3位 【スタジオレッスン】ご利用の際のお願い
  4. 4位 【ジムエリア】ご利用の際のお願い
  5. 5位 特別休会に関するご案内
  6. 6位 深層外旋六筋
  7. 7位 各種お手続き(フィットネス)
  8. 8位 【プール】ご利用の際のお願い
  9. 9位 【新宿区立元気館】フリー型教室・イベントなどのご案内
  10. 10位 【新宿区立元気館】コース型・通年型教室のご案内
  11. 11位 【新宿区立元気館】貸室予約状況のご案内
  12. 12位 【全施設まとめ】ご利用の際のお願い
  13. 13位 内転筋群
  14. 14位 【その他施設】ご利用の際のお願い
  15. 15位 【オアシス会員様向け】よくあるご質問(5/4 更新)
  16. 16位 アブドミナル
  17. 17位 規程・規約
  18. 18位 棘下筋・小円筋
  19. 19位 新型コロナウイルス感染予防および拡散防止へのご協力のお願い
  20. 20位 【南大沢24Plus】レッスンスケジュール(PDF)
  21. 21位 オアシスガイド(キッズクラブ)
  22. 22位 【マンツーマンプログラム】ご利用の際のお願い
  23. 23位 全店年齢制限一覧
  24. 24位 トレーニングルーム混雑状況・イベントのご案内
  25. 25位 全店電話番号・FAX一覧
  26. 26位 【THE STAGEスクール】レッスンスケジュール
  27. 27位 棘上筋
  28. 28位 肩甲下筋
  29. 29位 東急スポーツオアシス新宿24Plus
  30. 30位 トーソ・ローテーション