フィットネス辞典

ウイルス感染拡大防止への取り組み

ウイルス感染拡大防止への取り組みの画像1

【マスク着用必須について】
・全てのスタッフ、インストラクター、トレーナーのマスク着用を必須にします
・プールレッスン中のスタッフ、コーチは耐水性マスクを着用いたします
※プールエリア、ボディケアエリアではマスクではなくフェイスシールドを着用いたします

【フェイスシールド着用について】
・検温時のスタッフはフェイスシールドを着用いたします
・プール監視スタッフはフェイスシールドを着用いたします
・ボディケア施術スタッフはフェイスシールドを着用いたします

【来館時の検温について】
・非接触タイプの体温計を使用します
・全ての来館者に実施します(キッズは保護者を含む)

【店内換気について】
・ジムエリアの空調連続運転、窓の開放を実施します
・各スタジオの空調連続運転、窓の開放、出入口開放を実施します
・プールエリアの空調連続運転、窓の開放を実施します
・ボディケア施術後の室内換気を15分以上おこないます
・加圧スタジオ施術後の室内換気を10分以上おこないます

【消毒用アルコールについて】
・フロント、ジム、ロッカー、ラウンジ、キッズエリアに設置いたします
・スタッフの出勤時の手指消毒、手洗いをおこないます

【手で触れる箇所の消毒実施について】
・以下の設備を定期的に除菌消毒いたします
(トレーニングマシン、冷水器、水素水サーバー、水着脱水機)
・ロッカー内、以下は2時間に1回、除菌消毒を実施します
(トイレ、キーバンド、ハンガー、シューズトレー、ドライヤー、ティッシュBOX、体重計、靴べら、スリッパ)
・手続き用タブレットデバイスは使用後、除菌消毒を実施します
・各レッスン間にスタジオの除菌消毒を実施します
・ボディケア施術後の室内除菌消毒を実施します
・加圧スタジオ施術後の室内除菌消毒を実施します

【パーテーションの設置・接触機会の軽減について】
・フィットネス、キッズフロントに飛沫防止パーテーションを設置します
・金銭受け渡しはコイントレーを使用し、直接的な接触を避けます
・パーソナルストレッチではセッション時に使い捨て手袋を使用します
・パーソナルトレーニング後の会計表の受け渡しはトレーナーとスタッフでおこないます

【一定距離の確保について】
・ロッカー、パウダールームの使用可能数を減らし、距離を保ちます
・ラウンジ、休憩スペースのテーブル、椅子のを減らし、距離を保ちます
・有酸素マシンの使用可能数を減らし、距離を保ちます
・スタジオレッスンの定員数を制限しております(スクール、ホットヨガ含む)
・ボディケアの居室内における同時施術人数を1名に限定します
・加圧スタジオの居室内における同時セッション人数を1名に限定します

【キッズスクールでの取り組みについて】
・キッズ用更衣ロッカー及びロッカー室内の利用前後に除菌清掃を実施します
・プールサイドにおける、集団準備体操の中止し密接機会を減らします
・分散のため、クラブ到着順にロッカーやプールへ誘導いたします
・ビート板など補助用具の消毒除菌を実施します
・送迎バスの窓(運転席・助手席)を開けて充分な換気をおこないます
・送迎バスに消毒用アルコールを設置します
・送迎バス車内の利用前後に除菌清掃を実施します

【その他の取り組みについて】
・チェックインリーダー横に体調確認用のポスターを掲示します
・館内放送にて30分毎に感染拡大防止へのアナウンスを実施します
・レッスン時間を45分以内に縮小し、レッスン間隔を20分に変更します
・各エリアに安全にご利用いただくためのご案内を掲示します