本州最南端の海はいかが?

マネージャーのヒトリゴト2020年10月28日

こんにちは、毎日暑いですねぇ、、、
こんなに暑いとやはり【海】が恋しくなりますね!

このブロクでよく海外のダイビングポイントを紹介していますが、
私のダイビング人生の約半分を占めているポイントは和歌山県の串本という所です。
この串本の海に私はダイバーに育ててもらいました。今回少しだけ紹介します。

串本には本州最南端の潮岬があり、本州最大のテーブルサンゴの群生が見られます。
泳ぐ魚もカラフルな熱帯魚が多く非常に楽しい海です。
串本海中公園の水中展望塔では、なんと服を着たまま濡れずに熱帯魚や
サンゴが観察できます。
スノーケリングや磯遊びなども楽しめますので、お子様連れの方にもオススメです。

何を食べても美味しい串本ですが、私のオススメは『かつお茶漬け』です。
新鮮なかつおにメチャ美味しい特製のタレがバッチリ合っていて、なんぼでも食べれます。
DAIGO風にいうと『ガチでぇハンパなくウマイっす!』

高速の便が悪く、遊びに行く方も白浜までが多い和歌山方面ですが
串本にも是非行ってみてください!!
(片岡)

画像(1)熱帯魚の代表『クマノミ』…やはり人気があるだけの愛らしさがあります。
画像(2)『クマドリカエルアンコウ』という魚です。体長わずか1cmほどの人気者。
画像(3)オロナミンCのビンを家にしている『ギンポ』の仲間。
    人間が捨てたゴミを魚は自然に取り込んで暮しています。
※画像撮影者/片岡


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。