今年もまた。。。

マネージャーのヒトリゴト2020年10月23日

【メタボ検診元年】となる2008年の健康診断に行ってきました。

注射が大嫌いな私は、毎年の検診日はテンションが低いのです。
さらに、数年前から始まったアレ…『バリウム検査』が加わってからは更に憂鬱なのです。

ここで、まだ経験していない皆様のためバリウム検査がいかにツライものか書きたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)筋肉注射     …目的が『胃の動きを抑える』さらに看護師さんの『目がかすむかもしれませんよ』の声 … 恐すぎます!!
(2)バリウム&発泡剤…これに関しては色々と事前の噂がありましたのでヨシとしましょう。。。語るに及ばず。
(3)台上の指示    …室外からマイクで『右に回って、左に回って、腰を上げて止めて』と数分間検査員の言いなりです。検査着もはだけて、、、もう大変です。一度でいいから指示する側になってみたい。。。
(4)検査後の顔    …疲れきって顔を洗おうとして鏡をみると、、、唇が真っ白になった自分の顔 … まるでアダモちゃんです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

初めての検査では、鏡に映る自分はうっすら涙目でした。

定期検診でコレなのですから、胃カメラや腸の検査などは絶対に避けなければなりません。
失神モノです。
フィットネスクラブに勤める者としても、健康であり続けようと決意するのであります。

しかし、この苦行を乗り越えた勇者だけが手にする事の出来るチケットがあるのです。
それはクリニックの近所にある料亭の御食事券です。きっとご褒美です♪
胃の動きをにっくき筋肉注射にて止められているのですが、前日20時から飲まず食わずの空腹には耐えられません。おいしい『ちらし寿司』頂きました。

こうやって、食事がおいしく食べられるのも健康の証♪
健康診断でヤバイなと思った皆さん、ぜひオアシスで運動して解決しましょう!
ご利用お待ちしてます!!
(片岡)

写真(1)勇者のチケット
写真(2)ご褒美のちらし寿司
※画像撮影/片岡


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。