鞍馬山修行に行ってきました

店舗日誌2020年10月23日

6月末の梅雨も中休みに入った頃、インストラクターの垣野さんと鞍馬山へ森林浴に行きました。

待ち合わせは駅のホーム。電車に乗ってやってきた垣野さんのスタイルはこれから京都へ行く人といよりディズニーランドへ行く人でした。どこをとってもディズニーをのぞかせてます。一方私はその隣でかなり落ち着いた格好ですが、背が高い。2人で京を歩くととにかく目立ってたと思います。

そんな異色2人で阪急、京阪、叡電と乗り継いでどんどん山奥へ。想像以上に山奥へ。

すでに蒸し暑い日々が続いていたのに山の木々たちと風が涼しくしてくれました。

鞍馬寺を入り口に貴船神社までの道のりを歩いていきます。出だしからかなりの山道でしたが、途中の本殿を過ぎた頃急に人気がなくなりました。大概の方が引き返すようです。

私たちが選ぶ道は二つに一つしかありません。引き返すか、修行道を進むか。

当初のんびり自然の中で癒されようと足を運んだ京都。決してトレーニングに来たわけではありません。でもそこで垣野さんの一言が胸に響きます。
「来た道を引き返すなんて好きじゃない」

この奥に何があるのか、前進むためにここまで来たんだという思いで誰も止めることなく即決。

牛若丸が育っただけに結構な山道でした。私たちはたくさんの木の根や幹に囲まれたスピリチュアルな時間を過ごしました。ゴールの貴船神社に着いた頃一汗もふた汗も流していました。

貴船神社では七夕の準備をしていました。2人とも何年ぶりかに短冊に願いを書き、お守りを購入しました。ここは龍神系の神社だったので、私は水占いという水の上に浮かせるおみくじをやりました。
体も心も洗い直した気分で大満足で帰路につきました。


(片山)

画像(1):まるで熱帯雨林のようです
画像(2):木と友達になりました!
※画像撮影者/片山、垣野
写真:まるで熱帯雨林のようです 写真:木と友達になりました!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。