【EAST】トレ−ニング

フィットネス・エクササイズ2020年12月3日

【EAST】こんにちはEAST店フィトネススタッフの松下です。
今回はパフォーマンスアップという言葉についてお話していきます。
この言葉を聞くと一般人では関係なくスポーツ選手の競技力の向上を指していると感じる方が多いと思います。
私は一般の方でもパフォーマンスアップは必要だと考えてます。
例えばデスクワークで一日中座っていて背中と腰が丸まり肩が凝ったり、腰が疲れる人が良い姿勢を維持する筋肉を鍛えて肩が凝らず腰も疲れないようになる。これはパフォーマンスアップです。
一日中立ちっぱなしで歩いて足がむくんで疲れる人が良い姿勢を理解して正しい歩き方に必要なトレーニングをして足がむくまないし体力的にも余裕が出てきます。
要するに動きやすいや疲れにくいなどの体の変化現れれば改善されているということです!
そうするといつもなら帰宅後だらだら過ごしていたのが少し出かけてみたり、友人と遊びに行くなどの余裕が出てくるかもしれません。
全てのトレーニングではパフォーマンスアップが伴っているのが理想的です!
せっかく筋トレをしてるのに肩や腰を痛めたり体の一部をだるく感じてたらもったいないです。
そうならないために正しいフォームでのトレーニングが必要になります。
皆さんが日常的にたくさん行ってる運動があります。それは歩くことです。

そこで歩く動作に近いトレーニングのスプリットスクワットという種目を紹介します。
左右の足に均等に体重をかけます。
膝はしっかり前に出し脛と背骨が並行になります。
片方を10回3セットを左右行ってみて下さい。
歩くのも階段を登るのも基本はこの姿勢です。
是非、また分からないことがございましたらお伺いして下さい!


(松下)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。