胸のトレーニングの姿勢は?

マネージャーのヒトリゴト2019年10月14日

胸のトレーニングを行う場合は、マシンであっても、バーベルやダンベルであっても、胸の筋肉である大胸筋が、しっかり働く姿勢が重要になります。

例えば、ダンベルフライという胸のトレーニングや、ベンチプレスというバーベルのトレーニングでは、ベンチに仰向けになりますが、ただ仰向けに寝るだけでは効果が発揮されません。

写真:
画像(1)

写真:
画像(2)

写真では背中の下に手を入れていますが、手を入れることにより、背中にアーチを作る事が意識できます。
写真:
画像(3)

このように、背中に何か挟み込むようなイメージで、ベンチと背中に少し隙間が生まれるようにアーチを作ることが最大のポイント。
写真:
画像(4)

この姿勢が作れると胸を張りやすくなり、トレーニング中に大胸筋の伸び縮みが意識でき、最大限胸のトレーニング効果を引き出しやすくなります。

トレーニングは、決してダンベルやバーベルを動かすだけではありません。

ターゲットとする筋肉にしっかり負荷がかかる事が重要で、その為には姿勢が一番大切です。

胸のトレーニングを行う時には、姿勢を意識して頑張ってみましょう!


(稲田)
写真: 写真: 写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。