効果の違いを感じよう!

マネージャーのヒトリゴト2019年10月23日

女性でダイエットを目的にトレーニングを行う場合や、男性で体作りが目的でトレーニングを行う場合でも、ポイントは下半身の筋肉をしっかり鍛える事です。

やはり、下半身の筋肉を鍛える事で、筋肉量も増えやすく、代謝も上がりやすくなるため体を変えるためにはメリットは大きいでしょう。

そんな下半身のトレーニングの代表と言えばスクワット。
一言でスクワットと言ってもさまざまな種類や方法がありますが、バーベルを使ってスクワットを行う場合、その担ぐ位置によって鍛える場所や効果が異なります。

まずは、バーを肩の上の方に担いだ場合のハイバースクワット。
肩の盛り上がっている僧帽筋という部分の上部に載せます。

写真:
画像(1)

この位置に載せてスクワット動作を行うと、やや上体が立ち太もも前の筋肉にしっかり負荷がかかります。
写真:
画像(2)

太もも前の筋肉をしっかり鍛えられるので、足のラインをキレイにしたいといった場合におすすめです。

対してバーの位置を少し下げて行うローバースクワットでは、肩甲骨の上あたりに載せて行います。

写真:
画像(3)

この位置で行うと、やや上体は前傾し股関節からしゃがみやすくなり、お尻の筋肉や内腿の筋肉の関与が大きくなります。
写真:
画像(4)

ヒップアップが目的であれば、このローバースクワットの方が効果は高いでしょう。

スクワットを行う場合は、バーの位置を変えながら効果の違いを感じてみてください。


(稲田)
写真: 写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。