トレーニングの意味を考えよう!

マネージャーのヒトリゴト2021年1月22日

トレーニングを行ううえで重要な事は、なぜそのトレーニングを行うかという事を考える事です。

なんとなくこれが良いと聞いたから...トレーニング雑誌に載っていたから...では、そのトレーニング効果を引き出す事も難しくなります。

例えば胸のトレーニングを行う場合、ベンチプレスをして、ダンベルフライをして、最後にケーブルフライを行うといった場合、なぜベンチプレスをして、なぜダンベルフライをし、なぜケーブルフライを行うのかを考え、理解しながら行う事が大切です。

1種目にベンチプレスを行うのは、多関節種目と言って、肩関節と肘関節を同時に使うので、より重量を扱い筋肉へ最大の刺激を与える。

写真:
画像(1)

2種目にダンベルフライを行うのは、ベンチプレスでは筋肉の可動域に制限があるので、より胸の筋肉をストレッチさせて、最大伸展を出すために行う。

その為には、腕を開いていった時に動きやスピードをコントロールし、胸の筋肉を伸ばすという部分に意識を向ける。

写真:
画像(2)

最後にケーブルフライを行うのは、ベンチプレスやダンベルフライでは出せない、筋肉の収縮を最大限引き出す。

その為には、腕を閉じていった部分で、胸の筋肉が痛くなるくらい縮める必要があり、腕を閉じきる部分を大切にする。

写真:
画像(3)

このように、他にも目的や考え方はありますが、なぜこの順番でこの種目を行うのかを理解しておくと、そのトレーニングで意識するべき点にも注力でき、トレーニング自体のクオリティーが大きく変わるはずです。

なかなかトレーニング効果が出ないという方は、普段行っているトレーニングの意味と効果を、もう一度考えてみましょう!


(稲田)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。