シェイプアップへの道

店舗日誌2020年4月8日

アメリカスポーツ医学会認定ヘルスフィットネスインストラクターの私がお話をいたします。
さまざまな理由で体重のコントロールを行おうと思っている方も多いと思います。
今日は体重コントロールについてお話しようと思います。
体重の変化は摂取カロリーと消費カロリーのバランスがキーポイントです。
そのカロリーバランスが=なら体重は変わりませんし、摂取が多かったり(食べ過ぎ、飲みすぎ)、消費が少ない(つまり運動しない)ことによって摂取>消費になると体重は増えていきます。
当然、その逆なら・・・・体重は減っていきます。

一番最初は1日の消費カロリーがどれくらいになるかを計算してみましょう。
消費カロリーには基礎代謝(大雑把には安静時で消費するカロリー)と活動代謝(運動やそれ以外の活動などなど)があります。基礎代謝は体脂肪計で測定できるものがあればそれを参考にするとよいでしょう。もし、そんな機能がない場合は次の式をご活用下さい。

男性:66.47+(13.75×体重)+(5.0×身長)−(6.76×年齢)・・・A
女性:665.1+(9.56×体重)+(1.85×身長)−(4.68×年齢)

その算出された数字に1.5を掛けた数字が1日で消費される(大雑把な)消費カロリーの目安となるでしょう。・・・B
さらにこの数字から500を減じた数字が1ヶ月で体重を2Kg減らす場合の1日の摂取カロリーになります。・・・C

私の場合(170僉62.9Kg、36歳)なら
Aは1,538Kcal、Bは2,307Kcal、Cは約1,600Kcalになります。
つまり、1日1,600Kcal摂取で-2Kg/月減る計算になります。

しかしながら、筋肉を維持する為のレジスタンストレーニングやウォーキングなどの有酸素運動も健康維持の為には不可欠です。
運動と食事をあわせてコントロールするのが健康でシェイプされた身体を維持するのに重要なことです。
もう、夏本番です!皆さんも頑張ってみましょう!

(秋山)

画像/カロリー計算お助けBook
※画像撮影者/秋山


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。