いざ高野山へ!

店舗日誌2021年6月22日

こんにちは。最近は布団をかぶらないと肌寒い日がありますね。しかし私にとっては熟睡するのには一番気持ち好い季節です!!

かといってもまだまだお昼は暑い日が続きます。と言う事でこの前のお休みに都会の喧騒と暑さを逃れて高野山へ行って来ました。
最近行きたいリストの上位をしめていたのですが、なかなか行けずにいた念願の高野山へ。これはもう張り切って早起きしていかなくちゃ!と意気込んでいたにもかかわらず、まさかの寝坊…。しかしそんな事でへこんでなんていられません。

南海難波駅から高野線に乗りこんで、駅のホームで朝御飯代わりの肉まん(大阪といえばのあの肉まんです!)をゲットしていざ高野山へ!!

電車に揺られる事1時間程。周りの景色もだんだんと緑が多くなっていき、だんだんと山を上がって行きます。
さすがは世界遺産「高野山」、電車の中は外国からの観光の方でいっぱいでした。この日はポルトガル語が飛び交っていました!すごいなぁとその雰囲気にちょっと圧倒されながら電車は麓のケーブル駅に到着。そこからケーブルに乗り換えます。

予想以上の急勾配のケーブルに遊園地気分を味わいながら5分で到着。ケーブルから降りるとひんやりとした空気が。さっそくバスに乗り込んでまずは高野山の西の入口へ。大きな朱色の門があり、その門の中で仁王像が睨みをきかせています。その顔に惚れ惚れしながら続いて大乗伽藍へ。
写真はその時の写真です!その後も美味しいお餅を頬張りながら、てくてく高野山を歩き金剛峰寺を見て最後に奥の院まで参拝道を歩きました。
奥の院に入った途端、感じる空気が少し変わりました。昔は女人禁制の場所でもあり、密教の修行の場であった場所なんだと再認識しながら少し気持ちが引き締まる思いで巡りました。一日高野山を歩き回って帰りの電車の中はやっぱり熟睡でした。

たくさんの物を見て美味しいものも食べて大満足な一日になりました。今度は温泉や紅葉の季節に行きたいなぁ。

(桃田)

画像/高野山にて
※画像撮影者/桃田


()
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。