【WEST】一人一人の筋トレ

店舗日誌2019年9月19日

皆さんこんにちは!東急スポーツオアシス心斎橋WEST フィットネススタッフの北村です。
今日はトレーニングの知識を手に入れるときに気をつけて頂きたいことについてお伝えしたいと思います。

近頃よくお客様に、「インターネットで見てんけど…」という形で質問を頂くことがあります。
しかしその中には明らかに不正確な情報が含まれていることがあります。
まず皆さんはトレーニングに関する情報をどのように得られていますか?
今では様々な形で新しい情報が発信されています。
・本
・インターネットサイト
・SNS
・トレーナー
・知り合い 等
これらに加えて最近では筋トレYoutuberと言われる方々も活動されています。

これらの情報は必ず正しいと言えるのでしょうか?
答えはもちろんNoです。
中にはとんでもない理論をさも真実であるかのように発信している場合もあります。
ではどのようにすればより正確であろう情報を手に入れることができるのでしょうか。

これに対してはこれといった答えがないのですが、僕が気をつけていることの中から2点だけ紹介します。

まず1つ目は、匿名発信の情報は特に注意深く疑うことです。
例えば、どこの誰かもわからない人に「100万円貸して下さい!責任は取れませんが増やして返すので!」といわれて100万円貸しますか?きっと多くの方は貸さないと思います。
しかしトレーニングの話になると信じる人がでてきます。

1つの考え方ですが、1日あたりの食費を3,000円とすれば1年で3,000円×365日=109万5千円のお金を身体に使っていることになります。
サプリメントを購入すればもっと高くなるでしょう。

この100万円を超える身体への投資を誰かわからない匿名の人物に委ねるのは恐ろしいことですよね。
しかもその匿名の発信者は身体に何が起ころうと責任を取ってはくれません。
極端な例えかもしれませんが、こう考えると結構恐ろしいですよね…

もちろん、〇〇大学の偉い教授が言ってるからと言ってそれが100%正しいといえる訳ではありません。
しかしながらどこの誰が発信しているか、というのは1つの情報を選ぶポイントになります。

もう1つのポイントは、自分にあった情報を選ぶことです。
色々なことを調べていくと、エビデンスとされる論文に辿り着いたりします。
論文の結果だけを見て、そうなのか!と自分に取り入れるのはあまりオススメしません。
なぜなら論文で行われているような実験は必ず条件があり、それが自分に当てはまっているかわからないからです。

例えば、ずっとラグビーをしてきてトレーニング頻度もそれなりに保っている僕が、
運動経験もないトレーニング初心者を対象にした実験で得られた理論を取り入れても、
結果は期待できないですしあまり参考にならないのです。
トレーニング経験や頻度、人種なども大きく関わってきます。

このようにトレーニングに関する情報に触れるときには、その情報が自分に適しているのか、というのも1つのポイントとなります。

写真:
画像(1)

長くなってしまいましたが、少しでも情報を選ぶときの参考にしていただけたらと思います。
また本当かどうかわからないなと感じるものがあれば是非フィットネススタッフまでお気軽にお尋ね下さい。


(北村)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。