【EAST】拮抗筋について

健康2020年9月28日

みなさんこんにちは!心斎橋イーストの巽です。最近また一段と冷え込み寒い日が続いてますね。こうも寒いとなかなか運動する気になれませんよね。しかし運動をしないと体は硬くなっていきます。そこで今日は家でも手軽に柔軟性を高めるトレーニングをお伝えします!
みなさん拮抗筋をご存知ですか?

拮抗筋とは簡単に言うと、ある動作に対して反対の動きを行う筋肉です。なので、太ももの前の大腿四頭筋の拮抗筋は太ももの裏のハムストリングスになります。この拮抗筋の筋力は釣り合っているのでどちらかの筋力が強くなったり硬くなったりすると、もう一方の筋力は弱くなったり伸びたように感じます。この効果を使って硬い筋肉の拮抗筋を鍛えることで、硬い筋肉にストレッチをかけることができるんです。また、ただのストレッチではなく拮抗筋を鍛えているため、持続力もあります。なので普通にストレッチをするよりも効率がいいんです。

今回は私が毎日行っている拮抗筋トレーニングをご紹介します。仰向けに寝て片脚を上げれるところまで上げるだけです。この時のポイントは膝を伸ばしきることと、太ももにしっかりと力を入れ続けることです。やる前と比べるとハムストリングスの張り感がまるで違います。ハムストリングスが硬い人ほど実感を得られると思うので是非やってみて下さい!


(鈴木)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。