「部分やせ」をする方法!

フィットネス・エクササイズ2020年10月21日

普段会員様とお話をしていると、「部分やせ」をしたいとおっしゃる方がとても多いです。その際に、部分やせは難しいということを前提にご案内をしていますが、それは何故でしょう?単純に引き締めたいというだけなら方法はあるのですが、身体の一部のみの皮下脂肪を落としたいという希望はかなり難しいものとなります。

そもそも皮下脂肪は固定されているものではなく、ある程度の範囲で移動するものですので、位置を変える皮下脂肪の一部のみを落とすというのは、なかなかイメージしにくいものとなります。

ただ、普段からよく動かしている箇所には皮下脂肪が付きにくいという話もありますし、筋力トレーニング等で動かした場所は、しばらく脂肪の分解が促進されるという実験結果も出ているそうです。ですので、引き締めたい部分のトレーニングを行った後に有酸素運動を行う、というのが一番効果的といえるのではないかと思います。

筋量が増えれば基礎代謝も上がり、脂肪燃焼しやすい身体になっていきます。しかし、元々皮下脂肪自体が付きにくく落としにくい性質のものですし、先述のトレーニング後の分解促進も劇的なものではないようですので短期的な効果を期待するのは難しいと思います。結論として、部分やせは難しい。という前提で筋力トレーニングと有酸素運動を組み合わせるのが一番効果的だといえるでしょう。

普段筋力トレーニングをされない方も、気になる部分だけでもメニューに取り入れてみてはいかがですか?

写真:皮下脂肪のつきやすい二の腕のトレーニング「プッシュダウン」
画像(1)皮下脂肪のつきやすい二の腕のトレーニング「プッシュダウン」
写真:「プッシュダウン」肘を固定して下ろします。
画像(2)「プッシュダウン」肘を固定して下ろします。


(荊木)

画像(1):皮下脂肪のつきやすい二の腕のトレーニング「プッシュダウン」
画像(2):「プッシュダウン」肘を固定して下ろします。
※画像撮影者/小松
写真:皮下脂肪のつきやすい二の腕のトレーニング「プッシュダウン」 写真:「プッシュダウン」肘を固定して下ろします。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。