ストレッチの3つのいいところ

フィットネス・エクササイズ2021年6月18日

最近私はストレッチをやりはじめました。そこでストレッチはなぜいいのかをご紹介したいと思います。

大きく分けて3つあります。まず1つ目は体を動かすことで楽になり、不調のスパイラルから抜け出せるということです。年齢とともに体を動かすことが億却になる原因のひとつは筋肉の硬化です。社会人になると運動時間が減る一方、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいることがどうしても増えてしまいます。すると筋肉は硬くなり肩凝りや腰痛を引き起こす原因にもなるのです。

2つ目は背中の張りや猫背が治り、キレイな姿勢になれることです。これらは運動不足によって背面部の筋肉が固くなったり弱くなることが原因になりますが、体幹を中心にストレッチすることで固まった背面部の筋肉がほぐれ、よりよい姿勢になります。

最後に3つ目は、血流がよくなるので肩凝りや冷え性が改善されることです。筋肉を動かすと血管に大量の酸素が送り込まれます。この酸素によりブドウ糖が燃焼され、運動に必要なエネルギーが生み出されます。つまり血流が良くなると肩凝りや末端冷え性は改善され、また老廃物も排出されやすくなるので日々の疲れも取れやすくなります。さらには代謝も上がり太りづらい体質になるのです。

このように様々な面でおすすめなストレッチですが1日10分を1ヶ月続けるだけでも効果は出ると思います。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


(林)

画像(1):膝伸ばしストレッチ
※画像撮影者/石井
写真:膝伸ばしストレッチ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。