肩こりの原因と改善

フィットネス・エクササイズ2015年7月3日

最近、私がよく聞かれる事が四十肩・五十肩についてです。なぜそのような事が起こるのかは、明らかになっていないのですが。

四十肩・五十肩は、正式には【肩関節周囲炎】という疾患群のことで、肩関節の周囲に起きる炎症です。肩関節は可動域が広く動かせますが、それだけ構造は複雑になっています。肩関節は肩甲骨と上腕骨が接続していて、周囲には多くの筋肉や腱、関節をスムーズに動かすための【滑液包】などがあり、炎症が起こりやすい部分といえます。中高年に多く起こりやすいそうです。

四十肩や五十肩になると腕を上げ下げしたり、ねじったりすると肩に痛みがでたり、自由に動かせなくなります。四十肩と五十肩は、放っておいても半年から一年で自然に治るのですが、早く回復するために、肩関節の可動域を少しずつ広げる運動であったり、痛みのある部分を温めたりするといいですよ。

痛いからといって動かさないでいると、フローズン・ショルダーといって、肩関節がほとんど動かなくなることがあるので、四十肩と五十肩の予防、改善としては、毎日、適度な運動と全身を伸ばすストレッチなどがオススメですよ。重要なのは、肩関節の可動域が狭くならないように毎日動かす事が大事です!

肩のトレーニング方法やストレッチ方法でお悩みの事がありましたらお気軽にご相談ください!

写真:おススメのトレーニング「サイドレイズ」
画像(1)おススメのトレーニング「サイドレイズ」


(安井)

画像(1):おススメのトレーニング「サイドレイズ」
※画像撮影者/山本
写真:おススメのトレーニング「サイドレイズ」

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。