筋肉に大きな刺激を!

フィットネス・エクササイズ2020年7月9日

今回はトレーニング法についてご紹介します!

みなさんネガティブトレーニングと言われているトレーニング方法をご存知でしょうか?まずネガティブトレーニングを知る前に筋肉の収縮の種類について説明します。筋肉の収縮にはコンセットリック収縮とエキセントリック収縮の2種類あります。コンセットリックとはウエイトを挙げる時におこる筋肉収縮(ポジティブ)、エキセントリック収縮とはウエイトを下げる時におこる筋肉収縮(ネガティブ)です。

つまりネガティブトレーニングとは、このエキセントリック収縮に特化したトレーニングというわけです。皆さんは普段のトレーニングの時、ウエイトを挙げる事ばかりに注意を払い、降ろす時に気を抜いてはいませんか?でも実はウエイトを降ろす時のネガティブ運動が筋肉に与える影響が大きく重要な動作になってくるのです。ではネガティブトレーニングの効果について3つ紹介します。

写真:
画像(1)

1.筋繊維の破壊
筋肉をコンセットリック収縮(ポジティブ)させる動作よりも、エキセントリック収縮(ネガティブ)させる動作の方が筋繊維を強く破壊させ超回復による筋肉量増加の効果が期待出来ます。

2.高負荷ウエイト
ネガティブトレーニングではウエイトを降ろす動作がメインになる為、挙げる動きよりも重いウエイトでトレーニングを行えます。その結果筋肉量向上にも結びつきます。

3.神経系への刺激
筋肉はトレーニングに慣れてくる習性があります。それは神経系が影響しており、ネガティブトレーニングは普段と違ったトレーニングでより高負荷になりますので筋肉のトレーニングによる慣れを防ぎます。

では、最後にトレーニング方法について説明します。このトレーニングに関しては2人組で行うことをお勧めします。本来よりも20〜30%ほどの重いウエイトを設定し、持ち上げるのはパートナーの補助を借ります。そして降ろす動作は5秒以上かけ行いましょう。回数は5〜8回ほどで、比較的少ない回数で負荷を与えることができます。負荷が強い為インターバルは普段のトレーニングよりも長めに取るようにしましょう!

以上。ネガティブトレーニングについて、内容、効果、方法についてのご紹介でした!是非今後のトレーニングの参考にしてみてください!


(真子)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。