目的と回数

フィットネス・エクササイズ2019年8月2日

トレーニングは目的によってトレーニングの種類・種目・強度・回数が異なります。その中で今回は目的によっての回数を3つ紹介したいと思います!!

1 筋の力を長時間発揮するためのトレーニングを筋持久力トレーニングと言います。回数は12回以上が目安です。負荷を軽くして回数を多くします。

2 最大筋力を高めるためのトレーニングを筋力トレーニングと言います。回数は1〜6回です。負荷を重くして回数を少なくします。

3 最大筋力を高めるために筋の断面積を大きくし筋量を増やすトレーニングを筋肥大トレーニングと言います。筋持久力、筋力の間の回数の6〜12回です。

写真:ウェイトトレーニングをしませんか?
画像(1)ウェイトトレーニングをしませんか?

重さ設定も大事です!!
ウエイトエリアで筋力トレーニングをする際は、高重量になるので補助者を付けることをオススメします。
分からない事がありましたら柿塚までお声かけください。


(柿塚)

画像(1):ウェイトトレーニングをしませんか?
※画像撮影者/柿塚
写真:ウェイトトレーニングをしませんか?

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。