大雨の後

マネージャーのヒトリゴト2020年9月26日

先日全国各地で5月としては異例の大雨が降りました。大阪でも5月23日(日)は朝から雨・風ともに強く、一日中降り続いていました。

私の自宅近くには川が流れており、大雨の日等は‘今、安威川どれくらいやろ?’と嫁と安威川の水位について話をします。

24日(月)の昼間その安威川を渡る時、結構川の水位が増えているのに驚きました。河川敷も整備され、休みの日には河川敷を走ったりするのですが、今回は完全に河川敷が水で埋まっていました。川沿いに杭が打ってあるのですが、そこも隠れるくらいの水位でした。

私が今の家に引っ越してきて約10年くらいになりますが、過去2〜3回くらいですかね、台風シーズンに堤防ギリギリになるくらいまで水位が上昇した事があるのは・・・もし堤防が決壊したらと思うとゾッとします。

今回はそれと比べると大した事はないのですが、問題はこの後のゴミ処理です。上流から流れてくるゴミが杭に引っ掛かってしまいとても汚い状況になります。市の職員の方や釣り人達が掃除してくれるのですが何せ範囲が広いので大変です。

今日出勤前に確認したら、元の水位に戻っていましたが、水はまだまだ濁っていました。ニュースでは各地で土砂災害等の被害が報じられていましたが、改めて自然の力を感じました。


(桑田)

画像(1):大雨の後
画像(2):一夜を明けて
※画像撮影者/桑田
写真:大雨の後 写真:一夜を明けて

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。