がんばろう!つばさネットワーク

マネージャーのヒトリゴト2020年11月1日

選抜高校野球も終わりましたね。
ほぼ同時期の3月24日(土)25日(日)の2日間、
東北地方の宮城県から、汽仙沼高校と登米高校の野球部の皆様が
親善野球試合の為に、茨木市まで来られました。

この親善野球試合は「がんばろう!つばさネットワーク」として
毎年ボランティアで、大阪府立北摂つばさ高等学校の方が
実施されている企画です。

がんばろう!つばさネットワークは、
東日本大震災を目の当たりにした高校生の
「何かしなければ」の思いに応えようと
2011年4月22日に設立されて今年で5回目とのこと。
日頃地元にお世話になっている私達は、
ほんのわずかなご協力ではありますが、当館営業終了後に、
大阪まで来られた高校生の皆様に、お風呂を利用していただき
1日の汗を流してもらいました。

写真:集合写真
画像(1)集合写真

引率の先生にお伺いしたところ、東日本大震災から7年が経過しましたが、
まだまだ復興には至っていないとお聞きしています。
真の復興まで、私たちも継続してご協力していきたいと思います。


(三淵)

画像(1):集合写真
※画像撮影者/三淵
写真:集合写真

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。